原型炉をもっと知る

機器名称(右下側)をクリックして下さい.対象機器と説明文が表示されます.

原型炉「JA DEMO」の役割

原型炉「JA DEMO(ジェイエイ デモ)」の役割は、段階的なフュージョンエネルギー開発において、
実用化というゴールに向けた最終ランナーの役割を担っております。

これまでに、下図に示すように、「臨界プラズマ試験装置」と言われる JT-60U(日本) JET(欧州) において、 フュージョン反応を起こすために投入するエネルギーと 得られたフュージョン出力がほぼ同じ状態に相当する実験結果が達成されております。
専門用語では投入されたエネルギーの何倍のエネルギーが得られたかという「エネルギー増倍係数:Q〜1」という状態です。

次の段階を目指して、 実験炉「ITER」 の建設が国際プロジェクトとして行われております。 これは、50万kWのフュージョン出力が得られます。 この出力は 日本初の商用原子力発電所東海1号機 の熱出力と同規模で、発電に向けた最終確認を行います。

原型炉「JA DEMO」は、フュージョン出力をさらに高め、実際に数十万kWの発電を行うフュージョンエネルギーによる最初の発電所になります。 この発電規模は水力発電所として有名な 黒部第4発電所(通称:くろよん) と同程度です。 このJA DEMOプロジェクトが工学的・経済的観点から成功することによって、実用化に向けた準備が整うことになります。

#