English
トップページ  >  ITER公募案内  >  ITER機構の業務外部委託

ITER機構の業務外部委託に関心ある企業及び研究機関の募集



 ITER国際核融合エネルギー機構(ITER機構)では、下記の支援業務を外部委託することとし、その業務に関心のある企業、研究機関をITER計画の参加国から募集しています。我が国は、ITER計画の参加国であり、我が国の企業及び研究機関は、ITER機構の外部委託に対して応募することができます。

 量子科学技術研究開発機構は、我が国政府からの要請を受け、日本における応募の窓口として、ITER機構による外部委託に関する我が国からの応募の事務手続きと関連情報についてお知らせ致します。


1. 募集内容などについて(日本語訳付き)
募集対象の業務内容、要求事項については下記資料をご覧下さい。
資料や契約手続き等に関するご質問は、原則的に各募集の資料に記載されたITER機構担当者の連絡先へ直接お問い合わせ下さい。
募集項目 応募締切(必着) 資料
ITER 触媒水素反応炉プロトタイプを試験するための大規模水素適格研究室の設計、組立と運転 
IO/24/OT/10028547/YLI 
2024.06.14 こちらへ
PF5 プラットフォームの調達 
IO/24/OT/10028747/ADC
2024.06.05 こちらへ
緊急時対応サービスの枠組み契約 
IO/24/OT/70001106/EBT
2024.05.31 こちらへ
真空容器リフティングフレーム 
IO/24/OT/10028750 /JPA
2024.05.23 こちらへ

今後、ITER公募に関する新規情報の取得を希望される方は、下記より会員登録をお願いいたします。

2. 応募書類の提出について
(a) 応募書類
応募したい募集項目の資料にある、『ANNEX I』 = PIN(Prior Information Notice/作業指示書)の了承及び関心表明(Expression of Interest)Formに連絡先に関する情報を記入して下さい。

(b) 書類提出締切日
ITER機構は、書類提出期限を各募集項目に対して設定していますので、上記1.の表にある応募期限までに必ず提出ください。

(c) 応募書類の提出先
応募書類は、各資料の中に表記されているITER機構の担当者へ直接メールにて送付いただくようお願い致します。その際、CC:に下記(d)にある窓口のメールアドレスを入れて送付ください。
 
※注意事項:初めて応募されるサプライヤーには、『I-Proc』という入札システムでの登録手続きに必要な『Ariba Supplier ID』の取得が必要です。
【ITER機構のサプライヤーネットワーク『I-Proc』に登録するための手順】
 ① こちらのサイトにアクセスして、必要事項を記入(I-Procへの仮登録)。 
 ​② ITER機構より招待メールが届きますので、それに従ってSAP Ariba Networkアカウントを作成し、
   I-Procへの本登録手続きを完了させる。
  招待メール受領後の詳細手順については、こちらをご覧ください。​
(d) 問い合わせ先
応募方法に関する日本語でのお問い合わせは、量子科学技術研究開発機構(以下、量研機構)の窓口にお願いします。量研機構は、必要に応じて、ITER機構の問い合わせ先に質問を取り次ぎますので、問い合わせ内容を英文で送付頂くことをお願いする場合があります。


3. 契約について
応募書類に基づき、ITER機構において契約についての検討が行われます。量研機構ではこのような検討は行いません。

4.情報の取扱い
量研機構では、送付いただいた情報は、目的外には使用せず、頂いてから6ヶ月を経過し不要になった時点ですべて破棄します。
5. 外部参照
(a) ITER機構のホームページには、ITER機構が行う契約全般の説明や外部業務委託に関する情報、関心ある企業の登録の案内などが掲載されております。
http://www.iter.org/org/team/adm/proc


(b) 入札全体に関するページがITER機構のホームページに掲載されております。https://www.iter.org/proc/overview