トップページ  >  国内機関(JADA)の活動  >  JADAの調達機器と進捗状況

JADAの調達機器と進捗状況

日本の主な調達スケジュール

ボーダーライン

・ITER機構及び他極の国内機関と協力しつつ、国際合意されたスケジュールに従って調達活動を展開中。
・大型超伝導コイルの実機製作、高周波加熱装置の製作、中性粒子入射加熱装置の製作や機器の輸送など、他極を先導する貢献を果たしている。

※画像をクリックすると大きい画像が表示されます。

日本の調達機器:90%の調達取決めを締結

ボーダーライン

トロイダル磁場TFコイル 中心ソレノイドCS プラズマ計測装置 高周波加熱装置 中性粒子入射加熱装置 ブランケット遠隔保守機器 ダイバータ トリチウムプラント

※2022年3月3日現在

トロイダル磁場(TF)コイル ※一部

詳しい説明は→ 超伝導コイル

日本が製作する
機器(装置)
数量
・割合
進捗状況
導体 33導体(25%) 全量製作完了
(2015年)
構造物 19機分
(100%)
全機製作
TFコイル
(巻線・一体化)
9機分
(47%)
6機分の製作完了

【出荷状況】
9機中6機が出荷、6機がITERサイトに納品完了

中心ソレノイド(CS)※一部

詳しい説明は→ 超伝導コイル

日本が製作する
機器(装置)
数量
・割合
進捗状況
導体 49導体
(100%)
全量製作完了
(2017年)

【出荷状況】
全量出荷・納品完了

プラズマ計測装置 ※一部

詳しい説明は→ 計測装置

日本が製作する
機器(装置)
数量
・割合
進捗状況
5つの計測装置
・マイクロフィッションチェンバー
・周辺トムソン散乱計測装置
・ポロイダル偏光計
・ダイバータ不純物モニター
・ダイバータ赤外サーモグラフィー
全計測装置
の14%
最終設計
42%達成
機器製作
15%達成
下部ポート統合機器 初期設計
を完了

高周波(EC)加熱装置 ※一部

詳しい説明は→ 高周波加熱装置

日本が製作する
機器(装置)
数量
・割合
進捗状況
ジャイロトロン 8機(33%) 全機製作完了
(2021年)
高周波加熱ランチャー
(ポートプラグを含む)
50% 最終設計
80%達成

【出荷状況】
8機中2機を出荷

中性粒子入射加熱装置 ※一部

詳しい説明は→ 中性粒子ビーム入射加熱装置

日本が製作する
機器(装置)
数量
・割合
進捗状況
1MV電源高電圧部 3基
(100%)
最終設計
80%達成
高電圧ブッシング 3基
(100%)
最終設計
60%達成
加速器 1基
(33%)
最終設計
72%達成

ブランケット遠隔保守機器

詳しい説明は→ 遠隔保守機器

日本が製作する
機器(装置)
数量
・割合
進捗状況
ブランケット
遠隔保守システム、
ツール類
100% 最終設計
55%達成

ダイバータ ※一部

詳しい説明は→ ダイバータ

日本が製作する
機器(装置)
数量
・割合
進捗状況
外側ターゲット 54基
(100%)
最終設計が完了
2021年度から
製作開始

トリチウムプラント ※一部

詳しい説明は→ トリチウムプラント

日本が製作する
機器(装置)
数量
・割合
進捗状況
トリチウム除去系 50% 最終設計 35%達成