トップページ  >  国内機関(JADA)の活動  >  ITERの波及効果

ITERの波及効果

ITER設計活動(核融合研究開発)で培われた技術成果はライフサイエンス、環境関連産業や各製造業等の産業基盤として様々な分野で応用され、様々な波及効果を生んでいます。

代表的波及分野

ナノテクノロジー・材料

  • イオンビーム高速微細加工
  • 高臨界中での材料開発
  • RFによるセラミック焼結
  • 真空技術

情報通信

  • 次世代半導体基板
  • 大面積液晶ディスプレイ
  • 宇宙レーダー
  • 半導体製造でのガス精製技術

エネルギー・一般産業分野

  • 電力貯蔵
  • 水素エネルギー利用
  • マイクロ波電力伝送
  • ロボット技術

環境

  • 磁気分離システム
  • 大電力RFによる誘電
  • RFによる有毒物質の分解
  • 環境ガス精密測定

ライフサイエンス

  • 超伝導MRI
  • 高臨界中での材料開発
  • トリチウムトレーサー
  • 医療用複合光ファイバー
  • ホウ素中性子捕獲療法

超伝導コイル技術の波及効果

超伝導コイル技術の波及効果

NBI技術の波及効果

NBI技術の波及効果

真空技術の波及効果

真空技術の波及効果