ITERとは? 国内機関(JADA)の活動 ITER機構(IO)の活動 ITER公募案内 一般の方へ 刊行物
トップページ  >  ITERとは?  >  核融合との関係は?

核融合との関係は?

ITERは核融合の実用化にとって大きな一歩です。

 核融合研究開発は、旧ソ連、米国、日本、ドイツ、フランス、イギリス、イタリアなど、様々な国々が競い合い、また、協力し合いながら進められ、飛躍的な進歩を遂げてきました。
 その核融合研究開発における成果をもとに、欧州・日本・ロシア・米国・韓国・中国・インドが共同で、次段階の核融合研究開発として、ITER計画に取り組んでいます。ITERは、実用規模のエネルギーを発生する最初の核融合炉であり、核融合分野における科学の進歩、また、エネルギー源としての核融合研究開発にとって大きな一歩になるものです。

 ITER計画の目標は、50万キロワットの核融合出力を長時間に渡って実現し、核融合エネルギーが科学・技術的に実現可能であることを実証することです。ITERは、将来の発電炉に不可欠な主要な技術をすべて含んでいます。したがって、この装置を安全に信頼性高く運転することで、将来の発電炉の技術的見通しを得ることができます。また、発電炉用の燃料(トリチウム)生産兼発電用ブランケットを並行して開発し、ITERを用いて試験し、将来の発電炉に備えます。

 ITERの目的の一つは、核融合炉の安全性及び環境性からみた潜在的利点を実証することです。ITERは、1)核融合反応は暴走しない、2)高レベルの放射性廃棄物が出ない、などの核融合炉固有の安全性を持っています。ITERの運転を安全に行うため、これらを踏まえた安全設計と安全評価を並行して進めています。
 ITERでの成果と経験は、核融合エネルギーによる発電を実証するための原型炉(発電実証プラント)の設計・建設に必要なものです。 また、人類に必要な環境にやさしい新しいエネルギー源の開発を今までに例を見ない大規模な国際協力で進めることは、「地球規模の問題を全人類が協力して解決していく」という大変貴重な経験になると考えられています。
ITERでの成果と経験