トップページ  >  ITERとは?  >  ITERの建設地

ITERの建設地

ボーダーライン

ITER建設サイトは、南フランスのサン・ポール・レ・デュランス(マルセイユから車で約1時間)にあります。2005年に立地場所が決定し、2007年からITERの建設が進められています。

写真をクリックすると拡大表示します。

ITER建設地の周辺地図

ITER建設地の周辺地図

南フランスには、モナコ、ニース、カンヌなど、コートダジュールの魅力ある街がたくさんあります。マルセイユ国際空港から車で30分のところに「エクサン・プロヴァンス」という街があり、多くのITER機構職員が暮らしています。長い歴史のある街で、街並みには趣があります。

ITERから車で約20分のところに「マノスク」にもITER機構職員がたくさん住んでいます。この街には、マノスク国際学校があり、ITER機構職員のお子さんが学んでいます。もちろん、多くの日本人の子どもたちも学んでいます。ITERの隣には「ヴィノン」という、非常に趣のある、フランスらしい街があり、ここにも多くの職員が住んでいます。

ITER建設サイト外観写真(2021年5月)

ITER建設サイト外観写真(2021年5月)

ITER建設サイトの180ヘクタールの広大な敷地の中には、42ヘクタールのITERプラットフォームがあり、ITERを建設するための複数の建屋が配置されています。ITER建設サイトでは、1,000人を越えるITER機構職員のほか、世界中から集まった、多くの技術者、研究者がITERを完成させ、エネルギーを作る研究をするために働いています。

写真をクリックすると拡大表示します。

ITERプラットフォーム図

ITERプラットフォーム(図:Fusion For Energy提供)

写真をクリックすると拡大表示します。

真上から見たITERプラットフォーム(ドローン撮影)

真上から見たITERプラットフォーム(ドローン撮影)