English
トップページ  >  国内機関(JADA)の活動  >  JADAの調達機器と進捗状況  >  トリチウムプラント

トリチウムプラント

 トリチウムプラントは、核融合エネルギーの燃料であるトリチウムの分離回収、生成、処理、プラズマへの再注入及び漏洩トリチウム除去を行うための設備です。

※画像をクリックすると大きい画像が表示されます。

ITER計画におけるトリチウムプラント設備

トリチウムプラント設備の中で、環境への漏洩を防ぐトリチウム除去設備は、ITERにおいて安全上の要となる設備です。

トリチウム除去設備の概要

スクラバー塔は、ITERで初めてトリチウム除去設備として採用されます。そのため、日本がスクラバー塔の性能確証試験を実施し、設備として十分な除去能力と信頼性があることを確認しました。

トリチウム除去設備の共同調達

トリチウム建屋には、トリチウム除去設備だけでなく燃料処理設備などのトリチウムプラント設備が集約されています。スクラバー塔は11mの高さがあるため、2つの階層にわたって設置されます。

プレスリリース

QST プレスリリース(〇〇〇〇年〇月〇日)

表彰

日本原子力学会北関東支部大会 最優秀発表賞(平成30年4月13日)

論文発表

〇〇〇〇年〇月〇日
  • ---------------------------------