ITERとは? 国内機関(JADA)の活動 ITER機構(IO)の活動 ITER公募案内 一般の方へ 刊行物
トップページ  >  一般の方へ  >  ITER Japan News  >  日本原子力学会北関東支部大会「最優秀発表賞」を受賞

日本原子力学会北関東支部大会「最優秀発表賞」を受賞



 
 ■ 日本原子力学会北関東支部大会「最優秀発表賞」を受賞 
   

 平成30年4月13日に茨城県東海村産業・情報プラザにて開催された日本原子力学会北関東支部大会若手研究者発表会において、ブランケット研究開発部ブランケット工学研究グループの権暁星研究員が「トリチウムの増殖性能を高めた革新的な核融合ブランケット」で「最優秀発表賞」を受賞しました(図1)。
 今回の発表内容である核融合炉のブランケット(図2)は、1)中性子遮蔽、2)エネルギーの取り出し、3)燃料トリチウムの製造、といった重要な役割を担っています。
 核融合炉では、エネルギーを発生するために使ったトリチウムを核融合炉自身が作り出さなければならず、トリチウム増殖比(ブランケットで製造するトリチウム量/核融合反応で消費するトリチウム量)が1以上となる必要があります。

 本研究ではブランケットの形状を従来の箱型から円筒型に変更することにより、構造強度を大幅に向上し、かつ十分なトリチウム増殖性能が得られる新しいブランケットの構造(図3)を提案しました。
 日本原子力学会北関東支部
http://aesj-nkb.org/)、
若手研究者発表会「最優秀発表賞」については、
http://aesj-nkb.org/files/pdf/young/youngcommendation20180419.pdf
をご覧ください。


図1 最優秀発表賞を  
受賞した権研究員   

 
                       
                       図2 核融合炉とブランケット
 
 
                        
               
       

 図3  新しいブランケットの形状