トップページ  >  一般の方へ  >  ITER Japan News  >  欧州のイーター中性粒子実機試験施設に80万ボルトと100万ボルトの直流発生器を搬入

欧州のイーター中性粒子実機試験施設に80万ボルトと100万ボルトの直流発生器を搬入

■欧州のイーター中性粒子実機試験施設に80万ボルトと100万ボルトの直流発生器を搬入
 コンソルツィオRFX研究所(伊パドバ)に建設中のイーター中性粒子加熱試験施設(NBTF)に向けの80万ボルト、及び100万ボルトの直流発生器2台が、6月29日に現地に到着しました。
 これらの機器は日本で開発したもので、4月15日に日立港を出港、太平洋、インド洋、地中海を通り、6月20日にイタリア・マルゲラ港に到着しました。
 マルゲラ港からRFX研究所間の陸上輸送に際しては、桁下高の裕度が非常に少ない場所の通過方法(図1(左))などの綿密な輸送計画を立て、無事NBTFへの搬入が完了しました(図2(右))。

 

図1 イタリア国内輸送の様子
DCG(1MV)昇圧変圧器の輸送(左)とNBTFへの搬入(右)