トップページ  >  一般の方へ  >  ITER Japan News  >  超高温プラズマ加熱用高出力マイクロ波源の製作を完遂~イーター初プラズマに道筋~

超高温プラズマ加熱用高出力マイクロ波源の製作を完遂
~イーター初プラズマに道筋~

 量研とキヤノン電子デバイス(株)は、フランスに建設中のITER(イーター)でプラズマ加熱に用いる高出力マイクロ波源「ジャイロトロン」24機のうち日本が調達分担する全8機の製作を、同じく分担して製作しているロシアや欧州に先駆けて完遂させました。さらに、このうち初プラズマの実現に必要な8機のうち日本が担当する4機について、性能確認検査を成功裏に終了させ、今後、順次ITER機構に輸送します。
 本成果は、ITERの運転開始に向けてプロジェクトを大きく前進させるとともに、その後の実験運転や研究に大いに貢献するものです。
 詳細は、量研ホームページのプレスリリースページをご覧下さい。

高出力マイクロ波加熱装置(ジャイロトロン)

プラズマ加熱装置の全体構成(左)、日本のジャイロトロン設置(右上)、及びイーターサイトの建設状況(右下)