English
トップページ  >  ITER公募案内  >  オンラインセミナー  >  第19回 ITER職員募集セミナー

第19回 ITER職員募集セミナー


セミナーイメージ画像

開催報告(※本セミナーは終了しました)

セミナー日時

2024年7月5日(金)
19:30-20:30
※終了しました

※上記日時は日本時間です。
※Web会議システム(Teams)を用いて開催いたします。
※セミナー参加には事前登録が必要です。

申し込み方法

下記リンクよりお申し込みください。
◇ 申し込み締め切り:7月5日(金) 19:30(セミナー開始時)まで ◇

※本セミナーは終了しました

※本セミナーはITER日本国内機関の応募支援の一環ですので、ご参加は「日本国籍」の方に限らせていただきます。
日本国籍以外の方はこちらをご覧下さい。

概要

今回の職員募集セミナーでは、ITERで活躍する日本人職員2名と、ITER Project Associate (IPA)という契約形態でITERプロジェクトに携わる1名が登壇し、それぞれの職員の仕事内容や一日の過ごし方、仕事とプライベートのバランス、前職と比べてどのように生活が変わったかなど、トークセッションを通じてお話をしていただきます。

現役のITER職員及びIPAの生の声が聞け、さらにチャットにて質問もできる機会ですので、是非お時間の許す限りご参加ください(途中参加/退場可)!

※ITER Project Associate(IPA):派遣元に籍を置きながらITERで勤務する制度です。

タイムスケジュール

※表示時間は日本時間です。

19:00 開場(ビデオ上映、接続確認にご利用下さい)
19:30 開会・<第一部>プレゼンテーション※²
ITER機構日本人職員(前田佳子さん)によるプレゼン
19:40 ITER機構日本人職員(文野通尚さん)によるプレゼン
19:50 ITER機構日本人IPA(森賢二郎さん)によるプレゼン
20:00 <第二部>上記3名によるトークセッション
過去とITERでの働き方の違いや休みの過ごし方など、現地の生活が見える質問で、3名の話を聞いていきます!
20:20 <第三部>質問コーナー
職員にチャットを通して直接質問できる機会です!
時間が限られるため、全ての質問に回答できないことがございます。その場合国内機関側で質問を選択させていただきます。
予めご了承下さい。
20:30 閉会

※² 第一部のプレゼン内容には自己紹介、略歴、職務紹介、一日の過ごし方を予定しています。

登壇者

セミナーイメージ画像

前田佳子さん

ITER機構 建設プロジェクト 
プラントシステムプログラム 
冷却水システムプロジェクト 契約管理オフィサー

フランスのエンジニアリング会社にて、デザインコントロールのプロセスの導入に携わる。2019年6月から契約管理オフィサーとして勤務し、現在マノスク周辺に家族で居住。

セミナーイメージ画像

文野通尚さん

ITER機構 科学・統合部
中央統合ディビジョン 構成管理課
安全・技術要件オフィサー

原子炉プラントの建設・サービスの会社を経験後、2021年4月からITER機構の職員として、設計図書の構成管理及び要求管理を担当している。

セミナーイメージ画像

森賢二郎さん

ITER機構 建設プロジェクト 
トカマクプログラム 真空容器サーマルシールド・
クライオスタットプロジェクト
ITER Project Associate(IPA)

原子炉プラントの試験・研究開発管理及び配管系の構造設計を経験後、2020年8月からITER Project Associateとして勤務。現在は、真空容器サーマルシールドの補修作業に従事。

Q&Aコーナー(準備中)

参加者から寄せられた質問にお答えします。

はてなアイコンP3,P4ジョブグレードの年齢層のイメージはありますか?

年齢層を特定するというよりは、経験年数をイメージしていただいた方が良いと思います。実際にP3~P4の年齢分類を見ると30代40代の方がボリュームゾーンですが、50代でP3に応募される方もいますし、30代でP4に応募して合格される方もいます。

はてなアイコン採用は出身国のバランスを考慮して行われるのでしょうか?日本人枠の採用はありますか?

国のバランスは考慮されます。ただし、応募書類・面接のプロセスを通過する技量に達していないと選考の土俵には乗りません。日本人枠の採用は無く、日本人という理由だけで採用されることはありません。

はてなアイコン面接で良いアピールだと記憶に残る例はありますか?

何名か記憶に残る方はいます。技術的なアピールももちろんだったのですが、面接官の質問に極めて適切に答えていたのと共に、自分の経験と共に「自分だったらこうします」という提案型のプレゼンをされていました。こういった方は非常に良い印象を持っています。

はてなアイコン採用担当者の目に留まるCVとして、ジョブディスクリプションとの整合性に加え、特に重要なポイントはありますか?

教科書的な記述ではなく、実体験として「何を、どういう立場で行い、どういう結果を出した」ということがわかるように書いていただければと思います。
 

はてなアイコン面接は全候補者に同じ質問が投げられ、回答の可否によって評価が変わるのでしょうか?

まず、全応募者に同じ質問をさせていただきます。その上で、回答に時間が掛かりすぎる場合面接者から注意しますが、それでも長い回答を続けてしまうとネガティブに捉えられてしまいます。

はてなアイコンCVは複数枚数程度で良いとのことですが、選考者の負担も考え推奨される枚数がありますか?

一般的にCVとしては2~3枚、長くても4枚くらいになるかと思います。長すぎると敬遠される可能性があり、CVの最初の方に重要なこと(Core Competenciesなど)を書いて目を引くのがよいかと思います。

はてなアイコン能力が同等の候補者を選ぶ際に、考慮される情報はありますか?

能力的に合い、要件を満たしている場合は、性別や地理的な配分を考慮しますが、それ以外に私が機構長と話した際には、Cover Letterに書かれているモチベーション、動機がどのようなものかを見て決めていたケースは過去に何件かあったかと思います。

はてなアイコン核融合とは異なる分野で働いていますが、エンジニアとして採用されることは難しいでしょうか?

ガス分野からプラントポジションなど核融合の経験はなく合格している職員はいますので、これは全く問題ないと思います。要は期待されることと自分の経験がどのようにマッチして、どのような貢献ができるかということをアピールしていただくのが重要ではないでしょうか。  

開催報告(※本セミナーは終了しました)