トップページ  >  一般の方へ  >  ITER Japan News  >  緑桜学園 那珂市立木崎小学校で出張授業を行いました

緑桜学園 那珂市立木崎小学校で出張授業を行いました

 

■ 緑桜学園 那珂市立木崎小学校で出張授業を行いました

 令和2年9月30日(水)、緑桜学園 那珂市立木崎小学校で出張授業を行いました。

参加して下さった3年生から6年生、43人の児童の皆さんが3つのグループに分かれ,「液体窒素を使用したボール割り」「超伝導コースター」「人間浮遊」「人工ダイヤモンドで氷を切ろう!」「太陽望遠鏡で太陽を観察しよう」「フィルムケースロケット」の6つの実験(図1)を観察、体験していただきました。

児童の皆さんは、液体窒素の蒸気が上がるとワッと驚かれたり、「太陽望遠鏡」では実際に自分の目で太陽を観察できたことに感動されたり、「人間浮遊」では体が浮いてクルクル回転した事を「オルゴール人形みたい」「ちょっとの力で簡単に回転する」などと感想を述べられるなど、一つ一つの実験に興味をもって取り組んで下さいました。(図2)

今回の「科学教室」には、那珂市長とシティプロモーション推進室の方々,那珂市教育委員会の方,かがくのたまごサポーターズの方が応援に来てくださいました。(図2 左上写真)

この「科学教室」をきっかけに、少しでも核融合やITERに興味や関心を持っていただければ幸いです。

 今後も出張授業やイベントを通し、核融合やITERについてもっとたくさんの方に知っていただき、興味を持っていただけるよう、活動を続けていきます。
 


図1      6つの実験



図2 「科学教室」の様子
左上写真:挨拶をされる那珂市長