Joint Special Design Team for Fusion DEMO

さあ、

エネルギー新時代が

やってくる

さあ、

エネルギー新時代が

やってくる

地上に太陽をつくる

Scroll

原型炉設計合同特別チーム

Joint Special Design Team for Fusion DEMO

背景画像 背景画像

私たちの研究の目的

未来の地球が抱える大問題へ イノベーションで挑む

生活にかかせない電気やガスを
私たちが当たり前に使えているのは、
エネルギー資源があるからです。

電気 ガス
地球
地面

エネルギー資源の枯渇問題

しかし、人口増加に加え、資源が枯渇していくと、

今は良くてもいつか使い果たしてしまいます。

排気

地球環境問題

また、エネルギーを生み出す過程で、

地球温暖化や大気汚染などの環境問題も起こっています。

太陽

問題解決の鍵は

太陽で起きている

「核融合」フュージョン エネルギー

Fusion Energy

それらの問題を解決する鍵となるのが太陽の中心で起きている「核融合」という現象を利用 した、「フュージョンエネルギー」です。
「核融合」を地球上で再現できれば、半永久的かつエコなエネルギー供給が実現できるとい う、人類にとってまさに“希望の未来”が待っています。

「地上に太陽をつくる」

フュージョンエネルギーの研究は、新しいエネルギーの時代を作るイノベーション(技術⾰新)として
世界の国々が一丸となって行っている、最先端の研究の一つです。

© ITER Organization, https://www.iter.org/

背景画像 背景画像

人類究極の挑戦

「フュージョンエネルギー」とは

「フュージョンエネルギー」がなぜ枯渇の心配がない、
地球に優しいエネルギーとなりうるのか。

エコ画像

それは、フュージョンエネルギーの資源に、下記のような特徴があるからです。

燃料画像1

燃料源となる物質(リチウム、重水素)が海水からほぼ無限にとれる

燃料画像2

少ない燃料で膨大なエネルギーを生み出し一定量の電力を安定的に供給できる

燃料画像3

発電の過程でCO2やその他温室ガスを出さないので地球温暖化問題解決へ貢献

多種多様な人々が
平和で心豊かに暮らす
持続可能な社会の発展へ

アイコン画像 アイコン画像

フュージョンエネルギーの開発は、SDGsの目標7、13に掲げられた「すべての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的なエネルギーへのアクセスを確保」と「気候変動の具体的な対策」であるカーボンニュートラルへの貢献へ繋がります。

アイコン画像 アイコン画像

フュージョンエネルギーの開発は、SDGsの目標7、13に掲げられた「すべての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的なエネルギーへのアクセスを確保」と「気候変動の具体的な対策」であるカーボンニュートラルへの貢献へ繋がります。

「フュージョンエネルギー」
エネルギー供給と環境問題を
根本的に解決する
人類にとって究極の発電方法です。

(温暖化対策でパリ協定に基き日本政府がまとめた「長期戦略」にも「核融合研究の推進」が盛り込まれています。)

@ITER Organization

Topics

原子力発電との違い

原子力発電の核分裂反応と違い、燃料の供給をストップしてしまえば、反応が止まるので暴走などが起こりません。また、高レベル放射性廃棄物を出さないのも大きな特徴です。

原型炉背景画像

フュージョンエネルギーを実現させるため、日本中の研究機関、大学、産業界が結集し、研究・開発を進めているのが、私たち「原型炉設計合同特別チーム」です。

Topics

そもそも原型炉って?

核融合発電を行う装置を「核融合炉」と言います。核融合炉として実際に発電が出来るかを試すために作られたのが「原型炉」。その名を「DEMO(デモ)」と言います。

→原型炉についてもっと知りたい方はこちら

フュージョンエネルギーと原型炉の紹介動画

Topics

核融合研究開発計画と原型炉(DEMO)

商用炉実現に向け、日本を含む7つの国と地域の協力のもとフランスで建設中の核融合実験炉ITERの次のステップと位置付けられます。ITERの建設期から原型炉の概念設計を行うことによって克服する必要がある課題や技術開発の目標が具体的になります。原型炉設計と並行して技術課題に取り組むことが大切であり、実験研究、炉工学や材料の研究開発を同時に進めています。

  • 実験炉画像ITER(実験炉)
  • 原型炉画像DEMO(原型炉)
  • 商用炉画像商用炉
背景画像 背景画像

Joint Special Design Team
for Fusion DEMO

原型炉設計合同特別チームについて

チーム集合写真

原型炉設計合同特別チームは、文部科学省核融合科学技術委員会の方針に基づ
いて、核融合原型炉の概念設計と研究開発を担う組織として設置されました。

原型炉設計合同特別チームの位置づけ

チームマップ

2022年3月現在

チームマップ
オールジャパン

平成27年6月のチーム発足以降、私達は日本中の研究機関、大学、産業界が 英知を結集する”オールジャパン体制”で、かつて誰も見たことのない未来の核 融合炉「原型炉」の開発に挑んでいます。

私たちの目標と計画

目標

安定した核融合エネルギーを生み出す「原型炉」を設計し、 「核融合炉」実現への道筋を示すこと

具体的には下記のような目標があります。

原型炉設計合同特別チームの3つの目標

  • アイコン数十万キロワットの安定した発電を行うこと
    ※一般家庭約数十万世帯分の電力に相当
  • アイコン実用化に向けた運転・保安技術を開発すること
  • アイコン燃料である「トリチウム」を自給自足する技術を開発すること
  • 数十万キロワットの安定した発電を行うこと

    ※一般家庭約数十万世帯分の電力に相当
  • 実用化に向けた運転・保安技術を開発すること

  • 燃料である「トリチウム」を自給自足する技術を開発すること

計画
2020
概念設計・要素技術開発
2025
工学設計・実規模技術開発
2030
  • (1)原型炉設計活動
    実機大超電導コイル開発試験、原型炉遠隔保守技術の開発、加熱/電流駆動装置開発等
  • (2)原型炉用シミュレーターの開発
  • (3)安全性研究・トリチウム取扱技術
    検証と妥当性確認(V&V)を含む安全性検討、トリチウム大量取扱技術開発を含む燃料システム開発等
  • (4)炉工学と関連基盤基盤研究
    設計基準を含む材料開発、計測制御装置開発、熱負荷試験を含むダイバータ開発等
2035
社会受容性と経済性の見通しをを得た工学設計の完了
2050
原型炉の建設と運用
実用化への準備完了

未来を設計する約130人の研究者

メンバー紹介
MEMBERS

「地上に太陽をつくる」

私たちが掲げるこの目標が次の未来に繋がるように。
実用されるころに自分たちがいなかったとしても
私たちは決して諦めません。

全メンバー 一覧表はこちら

研究者インタビュー
INTERVIEW

  • 坂本宜照の写真
    チームリーダー坂本 宜照
    Sakamoto Yoshiteru
  • 陳
                        偉熙の写真
    メンバー陳 偉熙
    Chen Weixi
フュージョンデモデザインニュース
  • News&Topics最新情報の詳細一覧です。
  • 会合情報原型炉設計合同特別チーム各グループの会合情報等一覧です。

研究者の方へ

核融合を研究している方へ向けこれまでの報告書などをまとめています