那珂核融合研究所ホーム  /  レポートTOP  
VOL.7  超伝導グループの研究員さんにインタビュー
今回は超伝導磁石研究グループで研究している、松井研究員にお話しをお伺いしました。
カナ: 『どんな研究をしているのか教えてください』


松井研究員 『はい。超伝導という言葉は聞いたことあるかな?
物質に電流を流すと、必ず電気抵抗っていうものがあるよね?
例えば、液体窒素というものを使って電気を流す物質をうんと冷やすと、電気抵抗はなくなるんだ。この現象を超伝導というんだよ。
核融合炉をつくるのにも、たくさんの電気が必要だから超伝導体を上手に利用するために研究をしているよ。



vol.6で液体窒素の実験をレポートしたけど、液体窒素は超伝導のために使われていたのかぁ。


と、窓際をみると、一着のユニフォームがかかっていました。


カナ: 『あれはなんのユニフォームですか?』


松井研究員 『あれはね、自転車のチームのユニフォームだよ。』


カナ 『わぁ、自転車が趣味なんですね。ツーリングとかもするのですか?』


と聞くと、ツーリングに行ったときの写真を見せてくれたり、研究室の自転車好きな方のデスクをみせてもらいました。デスク周辺には写真や自転車グッズでいっぱいでした。
そして、「こんなものもあるよ」と一枚の写真をみせてくれました。



カナ: 『わぁ!すごーい!!』




松井研究員: 『これはチャイルドトレーラーというのだけれど、我が家では馬車とよんでいるよ。これに子供を二人のせて近くの公園まで遊びにいくんだ。』


カナ: 『ホントに素敵な馬車ですねー。』

ふと、デスクに目をやると、2人のお子さんの写真入りのカレンダーがおいてありました。
「カレンダーもかわいいですね」と言うと、いやぁ、持たされているだけだよー。と笑っておっしゃっていましたが、とても家庭を大切にされていることが伝わりました!おうちでは優しいおとうさんなんだろうなぁ。


松井研究員ありがとうございました。研究も自転車もがんばってください!