Vol.41 カナの梅観察日記2

●●  画像にマウスカーソルを乗せると説明が表示されます  ●●
 

 

 

梅観察日記は開花までちゃんとつけました!

 
 

2月28日木曜日中から見える白い部分の面積が増えてる!カナ、テンションあがってきたよ!わーい
なか博士  「字が踊ってるぞ。」
カナちゃん「だってうれしかったんだもん。」
 
 

一輪咲いた梅
カナちゃん「そうそう2月28日はね、一輪だけ風のあたらない所に咲いていたの。」
なか博士  「おお、なるほどな。」
 
 

3月1日金曜日白い部分はつぼみだったんだね!もうすぐ咲きそう!明日かな?もしかして今日中かな?
カナちゃん「咲く直前や途中って見ていてもどかしくなっちゃうの。」
なか博士  「暖かい時に一気に咲くんじゃないのかのう?」
 
 

3月4日月曜日咲きそうなつぼみは増えたんだけど、ばばーんと咲かないんだよね。むしっちゃだめかな?
なか博士  「・・・だからってむしってはいかん。」
カナちゃん「・・・・・・やってません。思っただけ。」
 
 

3月6日水曜日ほんとにもうすぐ咲きそうな蕾を発見しました!ほんとにもう少しだよね。がんばれ〜!
なか博士  「テンションで字体まで変わるのはどうなんじゃ。」
カナちゃん「リアルでしょう?」
 
 

風吹く中咲きました
カナちゃん「3月6日は風の吹いている所でも咲いていたんだよ。」
なか博士  「他の花ももうすぐじゃな」
 
 

3月8日金曜日開いた梅の花が増えて来ました。おしべがまつげみたいに長いです。しかもバッサバサ。羨ましいな。
カナちゃん「梅って人間だったら美人だと思うの。」
なか博士  「そういうことにしておこう。」
 
 

3月13日水曜日満開になりました!しかもひしめき合っています。ぎゅうぎゅうで窮屈じゃないのかな?とりあえず観察終了!
カナちゃん「これでおしまい!約一ヶ月観察しちゃったよ。」
なか博士  「投げ出さなくてよかったよかった。」
 
 

 

 

以上、カナの梅観察日記でした。
また何かの観察ができたときにはお知らせしますね。

 

 

那珂核融合研究所ホーム  /  レポートTOP