那珂核融合研究所ホーム  /  レポートTOP  
VOL.23 夏休み特別企画:日食の観察と施設見学会
こんにちは、カナです。

今回は太陽と月の神秘、日食についてレポートします!46年ぶりの皆既日食ということで大変話題になっていましたが、ここ、那珂核融合研究所でも約7割の部分日食を見ることができました。悪天候の中、ひと目日食を見ようとたくさんの人たちが集まり、大変賑わいました。
施設見学
午前中はあいにくの雨。それでも続々と大人から子供までたくさんの方が訪れました。日食の前に、太陽と大変密接な関係にある、那珂核融合研究所のことを知ってもらおうと施設見学ツアーも行いました。多目的ホールでも日食のライブ中継を行うなど、なかなか本格的なイベントにカナは大興奮。最大日食まであと1時間。でも外はまだ雨が降っています。お願い、どうか晴れて!
日食
最大日食まであと数分。もうだめかな…みんな諦めかけていたころになんと奇跡が!雲の間から太陽が姿を現しました。その瞬間、周りからは大歓声が起こりました!きっとみんなの思いが通じたに違いありません。自然の神秘に大変驚かされた瞬間でした。
多目的ホールでの皆既日食のライブ中継。スクリーンには「ダイヤモンドリング」が映し出されています。太陽の光が一ヵ所だけ漏れ出て輝く瞬間が、ダイヤモンドの指輪に見えることからこのように名づけられました。とってもロマンチックですね。
日食を見た後は、核融合についてのクイズ大会が行われました。問題が出されると、子供たちの元気な声と手が挙がり、クイズ大会は大盛り上がり。日食の観察と、施設見学会は大盛況に終わりました。次の皆既日食は26年後。その頃、ずっと遠くにある太陽が、私たちの住むこの地上で見ることができる…、そんな日が訪れているかもしれません。