TOP > 広報・その他 > 広報・アウトリーチ活動 > カナちゃん文庫-IIを贈呈しました
 

カナちゃん文庫-IIを贈呈しました

 カナちゃん文庫-IIの贈呈式がマノスク国際学校にて開催されました。

贈呈式の様子

 フランス プロバンスー=オートアルプ=コートダジュール圏マノスクにあるITER機構職員子弟の多くが通うマノスク国際学校の日本人セクションから、現地では入手の難しい日本語の書籍について、”さらに充実させて欲しい”との要望が出されていました。
この要望に応えるため、5年ほど前に那珂研究所から“カナちゃん文庫(850冊)”として寄贈しましたが、その第2弾として、那珂研有志から各家庭にて不要になった児童書、学習書を募り“カナちゃん文庫-II”として10月末に段ボールで23箱をマノスク国際学校に向けて発送しました。

贈呈式の様子

11月には、マノスク市を訪問した原子力機構那珂研 森所長から、日本語セクション生徒、先生および保護者の見守るなか、”カナちゃん文庫-II(509冊)”の目録をマノスク国際学校のベルナール=フロンザック校長先生に手渡しました。日本語セクション生徒からは、お礼の手紙を頂きました。

贈呈式の様子
贈呈式の様子

10月に発送された”カナちゃん文庫-II”は、海を渡り、1月頃にはマノスク国際学校に到着する予定です。

戻る