クラスタ活動報告

トピックス < ホーム

トピックス


ITER/BA成果報告会2018「人類の明日をのぞむ、核融合エネルギー」

日 時:平成30年12月14日(金)13:00-18:00 
会 場: 有楽町朝日ホール(東京都千代田区有楽町2-5-1) /パネル・機器展示 12:00~18:00(有楽町朝日スクエア)


-----------------------------------------------------------------

以下の資料についてのお問合せは、 核融合エネルギーフォーラム事務局までお願いします。
(無断転用は固くお断りします)
e-mail: fusion-energy-forum@qst.go.jp
FAX:029-270-7468

-----------------------------------------------------------------

 

ITER/BA成果報告会2018「人類の明日をのぞむ、核融合エネルギー」

◆プログラム(敬称略)

 13:00~18:00(受付開始 12:00 会場 12:00)

有楽町朝日ホール

開会の辞

中島 尚正  核融合エネルギーフォーラム議長
     海陽学園海陽中等教育学校長

来賓挨拶

・文部科学省副大臣 永岡桂子
・自由民主党核融合エネルギー推進議員連盟会長・衆議院議員 森 英介
・青森県副知事 佐々木 郁夫
・茨城県副知事 宇野 善昌
・日本経済団体連合会副会長・三菱重工業(株)社長 宮永 俊一

基調報告

 

ITERの建設状況(ライブ中継
 ベルナール・ビゴ ITER機構長
日本の核融合研究開発政策
  新井 知彦 文部科学省研究開発局研究開発戦略官
ITERの機器製作活動及びJT-60SA建設の進展
       (JT-60SA組立の現場からのライブ中継
  栗原 研一 量研那珂核融合研究所長
核融合フロンティア IFERC及びIFMIF-EVEDA活動の進展
       (IFMIF原型加速器の実験棟からのライブ中継)
  池田 佳隆 量研六ヶ所核融合研究所長

技術報告

「ITER及びJT-60SA計画の開始から10年を経て、技術開発の進展秘話と未来展望を語ろう」

テーマの趣旨

鎌田 裕 量研那珂核融合研究所副所長

○高精度製作を成功させた技術力とその未来

三菱重工業(株)

○ITER用超伝導ニオブ・ズズ線の性能向上の取組みと軌跡

ジャパンスーパーコンダクタ
テクノロジー(株)

○超高電圧応用に挑戦した1/3世紀
-核融合炉用中性粒子ビーム入射装置技術の進展-

 (株)日立製作所

○総合エンジニアリング「本体組立」成功の秘訣と技術課題

東芝エネルギーシステムズ(株)

○核融合炉用大型超伝導コイルを製作して判った技術ポイント

三菱電機(株)

○ダイバータとの出会いと技術応用の展望

金属技研(株)
学術基盤や技術基盤への広がり

 

加速器中性子源の産業応用
  柴田 徳思 (株)千代田テクノル大洗研究所長

閉会挨拶

香山 晃 核融合エネルギーフォーラム 運営会議 委員幹事
     京都大学名誉教授

(敬称略)

◆パネル・機器展示
 12:00~18:00

有楽町朝日スクエア

出展

青森県、(株)アムテックス、(株)アライドマテリアル、(株)アルゴグラフィックス、(株)安藤・間/極東産業(株)、(株)化研、キヤノン電子管デバイス(株)、京セラ(株)、金属技研(株)、ジャパンスーパーコンダクタテクノロジー(株)、ゼネラルエンジニアリング(株)、 東芝エネルギーシステムズ(株)、(株)トヤマ、(株)NITE、日本インターグラフ(株)、(株)日立製作所、宝栄工業(株)、三菱重工業(株)、三菱電機(株)、室蘭工業大学 環境・エネルギーシステム材料研究機構、大和合金(株)、量子科学技術研究開発機構






会合案内

核融合エネルギーフォーラム主催:
ITER/BA成果報告会2018「人類の明日をのぞむ、核融合エネルギー」
のご案内


この度、核融合エネルギーフォーラム(議長:中島尚正・海陽学園海陽中等教育学校長)は、ITER/BA成果報告会2018「人類の明日をのぞむ、核融合エネルギー」を有楽町朝日ホール(千代田区有楽町)において平成30年12月14日(金)午後、開催することになりました。
現在、国際協力で進める「ITER計画」と「BA活動」を中心に、国・自治体・産業界・大学・研究機関が協力し、核融合エネルギーの実現に向けた研究開発が着実に進められております。それらの最近の進捗と関連機器の製作状況をライブ中継を含め紹介するとともに、原型炉開発に向けた新たな取り組みを含む今後の展開についても報告する予定です。概要はチラシをご覧下さい。
今回も技術報告の一環として、産業界や研究機関他によるITER計画とBA活動に関連するパネルや機器の展示を行い、学生他を含むご来場の皆様と出展者との意見交換の場も提供する予定です。
年末のお忙しい時期ではございますが、ぜひご出席ください。準備の都合上、12月 7日(金)までに、必要事項(氏名、所属、連絡先住所、電話、メール)をメール本文ご記入の上、メールにて下記事務局宛に事前登録をお願いします。OBの方は最終所属先(「元○○」)を、また学生の方は所属欄に学校ないし大学学部・専攻科名と学年(B4、M1等)を明記願います。同一所属の場合、複数名の参加申し込みを歓迎します。なお、当日受付も可能ですが、満席の際はご容赦下さい。

日 時:
平成30年12月14日(金)13:00-18:00 (受付開始12:00 開場 12:00)
会 場:
有楽町朝日ホール(東京都千代田区有楽町2-5-1) /パネル・機器展示 12:00~18:00(有楽町朝日スクエア)
参加費:
無料(核融合エネルギーフォーラム会員外も参加自由)
主 催:
核融合エネルギーフォーラム
共 催:
量子科学技術研究開発機構  自然科学研究機構核融合科学研究所
協 賛:
日本原子力産業協会  日本電機工業会  プラズマ・核融合学会  日本原子力学会
後 援:
文部科学省  外務省

別紙:



ページのトップへ▲