クラスタ活動報告

会合案内・報告 < ホーム

会合案内


核融合エネルギーフォーラム 第13回全体会合
~原型炉開発時代のプラズマ核融合科学~

日  時: 2021年3月9日(火)13時~16時40分
開催形式: オンライン(Webex)        


この度、核融合エネルギーフォーラム(議長:中島尚正・海陽学園海陽中等教育学校長)は、第13回全体会合「原型炉開発時代のプラズマ核融合科学」を下記要領で開催することになりました。 準備の都合上、2月26日(金)までに、電子メールにて事前登録をお願いします。電子メールの本文中に必要事項(氏名、会員番号、所属機関、所属職位、電子メールアドレス)を記載のうえ下記事務局宛にお送りください。 学生の方は学校ないし大学学部・専攻科名と学年(B4、M1等)、OBの方は最終所属先(「元○○」)の明記をお願いします。 後日、接続先 URL をご連絡いたします。なお、本会合の録音・録画はご遠慮ください。

申込先:核融合エネルギーフォーラム事務局
e-mail: fusion-energy-forum@qst.go.jp
FAX:029-270-7468


◆プログラム(敬称略)

開催案内

   

第1部

司会  核融合エネルギーフォーラム調整委員会委員長 小西 哲之(京都大学教授)

開会の辞

核融合エネルギーフォーラム議長
 中島 尚正(海陽学園海陽中等教育学校長)

講演1

レーザー核融合発電炉実現を目指した開発戦略とコ・クリエーション
 兒玉 了祐(大阪大学教授)

講演2

5G・データ爆発時代の半導体製造プロセスとプラズマ技術
 浜口 智志(大阪大学教授)

授賞式

2020年度「吉川允二記念核融合エネルギー奨励賞」授賞式

休憩

   

第2部

司会  核融合エネルギーフォーラム全体会合現地実行委員会委員長 上田 良夫(大阪大学教授)

講演1

我が国における核融合研究開発の展望
 岩渕 秀樹(文部科学省研究開発局研究開発戦略官)      

シンポジウム

原型炉開発時代のプラズマ核融合科学
 (1)Fusion2030 研究会の活動紹介
          森 芳孝(光産業創成大学院大学准教授)
 (2)パネル討論:原型炉開発時代の核融合学術研究について
    パネリスト:吉田 善章(東京大学教授)、鎌田 裕(量子科学技術研究開発機構那珂核融合研究所副所長)、
          花田 和明(九州大学教授)、浜口 智志(大阪大学教授)、
          田中 照也(核融合科学研究所准教授)、森 芳孝(光産業創成大学院大学准教授)

議長挨拶

核融合エネルギーフォーラム議長
 中島 尚正(海陽学園海陽中等教育学校長)

閉会の辞

核融合エネルギーフォーラム ITER/BA 成果報告会・全体会合組織委員会
 飯尾 俊二(東京工業大学教授)






ページのトップへ▲