クラスタ活動報告

会合案内・報告 < ホーム

会合案内

フォーラム会合のご案内


ブランケットサブクラスター(平成27年度第4回)と
炉材料サブクラスター(平成27年度第4回)の合同会合

ブランケットサブクラスター世話人
小西哲之 (京都大学)
河村繕範(原子力機構)

炉材料サブクラスター世話人
木村晃彦 (京都大学)
谷川博康(原子力機構)

平素より、核融合エネルギーフォーラムの活動にご協力いただき真にありがとうございます。

さて、炉工学クラスター ブランケットサブクラスターにおいては、核融合エネルギーの実現に向けて、発電ブランケットの研究開発の重要なマイルストーンとして、ITERで増殖ブランケットの主要な機能をモジュール規模で実証するテストブランケット・モジュール(TBM)試験について、専門家を交えて幅広く意見交換を行い情報共有すると共に、我が国もこの活動に全日本的に参加するため、議論を行って参りました。

この度、第14回テストブランケット・モジュール(TBM)計画委員会におけるテストブランケット計画の国際協議の状況、TBM概念設計レビュー事後活動の状況、ブランケット構造材料開発の進捗状況、および熱・物質流動ループを用いた腐食試験計画等の重要課題について討論するため、今回も引続き、NIFS研究会「核融合炉に向けたブランケット工学の推進(日野、世話人:相良)」、TBM作業会(主査:日野)及び炉材料サブクラスターと合同で開催することと致しました。多数の参加者でこれらの議論を進めるため、NIFS共同研究 研究会「環状磁場閉じ込め核融合プラズマの制御へ向けた先進ヘリカル研究の現状と展望」及び「境界領域プラズマダイナミクスの診断と制御」と合同で表記会合を開催することと致しました。

以下に、開催要領を記します。皆様方のご参加、宜しくお願い致します。


開催日時:
平成27年11月20日(金) 13:40~16:20(予定)
開催場所:




核融合科学研究所 研究1期棟4階402会議室
岐阜県土岐市下石町322‐6
TEL: 0572‐58‐2222
核融合科学研究所の場所については以下のホームページをご参照下さい。
https://www.nifs.ac.jp/michi/index.html
議題案(プログラム案):











1)はじめに         日野友明(北大)、小西哲之(京大)、相良明男(核融合研)
2)第14回TBM計画委員会における協議状況および固体増殖水冷却ブランケットの開発状況
               小西哲之(京大)
               河村繕範(原子力機構)
3)F82H開発の現況(仮題)
               谷川博康(原子力機構)
4)SiC/SiC複合材料開発の現況(仮題)
               野澤貴史(原子力機構)
5)熱・物質流動ループOroshhi2 Flinakループ腐食試験計画(仮題)
               八木重郎(核融合研)
6)総合討論と次回会合    日野友明(北大)

参加申込締切日・連絡先:

平成27年11月6日(金曜日)

期間厳守でお願いいたします。

核融合エネルギーフォーラムからの参加ご希望の方は、幹事の廣瀬貴規 宛に、
NIFS共同研究からのご参加の方は、幹事の山内有二 宛に、期日までにお申込みください。

○本件の問い合わせ先(本会合幹事):
廣瀬貴規(原子力機構、電話029‐270‐7516)
山内有二(北海道大学工学研究院、電話o11-708-7195)

参加にあたっての留意点:

  • 核融合エネルギーフォーラム会員として参加される場合、事前登録(申込)を必ずお願いします。非会員での参加はご遠慮下さい。
  • 本会合の議事内容及び録音、録画ならびに発表資料等の公開はご遠慮下さい。
    (講演者他の同意を得た会合報告や発表資料等を核融合エネルギーフォーラムの下記ホームページに掲載しますのでご覧下さい。)https://www.fusion.qst.go.jp/fusion-energy-forum/
  • 本会合で講演や発表などを希望される方は、タイトルや要旨を添えてお申し込み下さい。
    但し、時間の制約などでご希望に添えないこともありますので、予めご了承下さい。
  • コメント等がありましたら、参加申込書の該当欄にご記入下さい。
  • 旅費の配分等についてはサブクラスター世話人にご一任いただきますようお願い申し上げます。
  • 航空機をご利用予定の方は事前に会合幹事までご相談下さい。

主な利用条件は以下です:

  • 1)早期割引チケットのみ利用可
  • 2)特別シートなどの手当は自費負担
  • 3)マイレージポイントの私用カードへの登録自粛
  • 4)半券、領収書、印鑑の持参、など(会合幹事宛、後日郵送を含む)。

補1)会合終了の遅れなど、やむを得ない理由でフライト変更が必要になった場合、申請内容を確認の上、発生した追加費用を支給。
補2)宿泊ホテルとセットになった切符の利用は不可。

※申し込み・問い合わせとも、核融合エネルギーフォーラム事務局ではありません。ご注意下さい!

参加申込書

ブランケットサブクラスター(平成27年度第4回)と炉材料サブクラスター(平成27年度第4回)合同会合

氏名       :

フォーラム会員番号:
(お忘れの方は、会合幹事でなくフォーラム事務局に個別にご確認ください)

所属・職位    :

連絡先住所・電話 :

電子メール    :

講演希望     : あり ・ なし

発表題目     :
(会合の趣旨に合うものか判断させていただきます)

旅費支給の希望  : 希望 ・ 不要

出発地帰着地   : [出発地]   → 開催地 →[帰着地]    
(※出発地帰着地は、勤務先の最寄り駅でお願いいたします。)

附帯用務の有無  : あり ・ なし
(ありの場合)  : [日程]  月  日~  月  日(  泊  日)
           [附帯用務終了時間]   :  迄)
           [附帯用務先]●JAEA 事務担当者名
                  ●文科省
                  ●大学・研究機関(NIFSなど)、その他

前泊後泊の必要性 : あり ・ なし
(ありの場合)  : [前泊]宿泊地     [後泊]宿泊地     )

航空機の利用   : 希望 ・ 不要

コメント欄    :

会合への参加や 参加に伴う旅費支給はフォーラム会員に限らせて戴きます。 まだ入会されておられない方はこの機会に是非ご入会下さい。入会に当たり会費及び入会費は不要です。 旅費には限りがあり支給できない場合があります。予めご承知置き下さい。

ページのトップへ▲