会合案内・報告 < ホーム

会合案内

フォーラム会合のご案内


平成20年度


プラズマ物理クラスターMHD安定性・高エネルギー粒子サブクラスター
平成20年度第1回会合(合同開催)のご案内

プラズマ物理クラスター
MHD安定性・高エネルギー粒子サブクラスター世話人
山崎耕造(名古屋大学)
篠原孝司(原子力機構)


平素より、核融合エネルギーフォーラムの活動にご協力いただくとともに、 プラズマ物理クラスター MHD安定性・高エネルギー粒子サブクラスター活動 にご関心をお寄せいただき誠にありがとうございます。

さて、本サブクラスターは、MHD安定性・高エネルギー粒子の物理に関して 国内の実験・理論・モデリング研究を横断的に議論し、ITERへ向けた我が国 の主導性を高めて行くことを一つの目的としています。本会合では、国際ト カマク物理活動(ITPA)の「MHD安定性トピカルグループ」及び「高エネル ギー粒子トピカルグループ」で進められている、NTM, RWM, アルベン固有モ ードといったMHD、ディスラプション、トロイダル磁場リップルやアルベン 固有モードによる高速イオンの輸送に関する各国の研究の現状や、装置間比 較実験、及びITERの予測に必要な理論・モデリングに関する報告と議論を行 う予定です。また、大学等からのITPA活動への貢献やサブクラスター・ITPA トピカルグループの今後の展望についても議論する予定です。

幅広くこれらの議論を進めるため、NIFS一般共同研究「高ベータプラズマに おけるMHD平衡、安定性及び輸送特性に関する研究」の作業会(世話人:渡邊 清政)と合同で開催することと致しました。

以下に開催要領を記します。皆様方のご参加、宜しくお願いします。


開催日時:平成21年1月29日(木)13:30~ 30日(金)17:00(予定)
開催場所:核融合科学研究所
議題案:
(1)トロイダル系閉込め装置における高ベータプラズマ物理
(2)トロイダル系閉込め装置におけるMHD物理
(3)トロイダル系閉込め装置における高エネルギー粒子物理
(4)MHD安定性トピカルグループの最近の動向報告
(5)高エネルギー粒子トピカルグループの最近の動向報告
(6)本サブクラスターの今後の進め方
(7)その他 

○ 参加申込先・連絡先・問合先:
篠原孝司(原子力機構)
Tel: 029-270-7594

本会合で講演や発表などを希望される方は、タイトルや要旨を添えてお申し込み下さい。但し、時間の制約などでご希望に添えないこともありますので、予めご了承下さい。

○ 参加申込締切:平成20年12月8日(月)

コメント等がありましたら、参加申込み書の該当欄にご記入下さい。 また、航空機をご利用予定の方は事前に会合幹事までご相談下さい。

<< 連絡先はフォーラム事務局ではありません。ご注意願います!>>


参加申込み書


所属・職位:
連絡先住所・電話:
電子メール:

以下は核融合エネルギーフォーラム会員のみの記入

会員番号:
旅費支給の希望:あり・なし
附帯用務の有無:あり・なし
希望の日程:  月  日   ~      月  日
(出発地:   → 開催地→ 帰着地:    )


旅費は限りがあるためご支給できない場合がございます。予めご了承下さい。また、旅費支給はフォーラム会員に限らせて頂きます。まだ入会されておられない方は、この機会に是非ご入会下さい。

核融合エネルギーフォーラム入会ご希望の方はホームページをご参照 下さい。http://www.fusion.qst.go.jp/fusion-energy-forum/
(備考)入会に当たり入会費及び会費は不要です。

ページのトップへ▲