会合案内・報告 < ホーム

会合案内

フォーラム会合のご案内


平成19年度


「BAのデモ炉設計に関する準備会合」の予告ご案内

社会と核融合クラスター
小川雄一
岡野邦彦


BAでのデモ炉設計活動に関し、欧州との第一回専門家会合が平成19年7月3-5日の3日間の予定で青森県六ヶ所村において開催されます。つきましては、その日欧専門家会合に向け、BAでのデモ炉設計についての意見の交換や緩やかなその集約などを目的として、以下の準備会合を開催します。

デモ炉設計に対しては、物理設計や工学設計さらには社会受容性などの多様な視点からの議論が必要です。従って物理クラスターや炉工学クラスター、さらには社会と核融合クラスターとを横断的に見据えた議論が必要になってこようかと思います。クラスターを横断するような課題に対して、どのように議論を進めるべきか検討が必要ですが、早期実用化クラスターでデモ炉に関する議論を進めて来た経緯なども踏まえ、社会と核融合クラスターが幹事となり、物理クラスターや炉工学クラスターなどに呼びかけるという形式で今回の会合を開催させて頂きます点をご理解頂きたくお願い申し上げます。従って、物理クラスターや炉工学クラスターの方々も本準備会合に積極的に参加されますことを期待しております。

現在、核融合エネルギーフォーラムの発足に向けて準備を進めています。本会合はそのための準備活動の一環としてとして開催されますことについて、ご了解戴きたく存じます。


【BAのデモ炉設計に関する準備会合】


日 時:平成19年5月31日(木)13時~17時(予定)
場 所:日本原子力研究開発機構 上野事務所
システム計算科学センター7階大会議室
議 題(案)

・BAでの原型炉設計に関する今までの経緯
・第一回専門家会合(7月3-5日)の議題
・BAでのデモ炉設計検討の進め方
・ロードマップ委員会の今後のあり方
・その他


発表申込/連絡先

飛田健次(原子力機構)
TEL:029-270-7520,FAX:029-270-7293


申し込みやお問い合わせは、上記までお願いします。
事務局ではありませんので、ご注意下さい。

なお、旅費には限りがありますので、ご要望にお応えできない場合が多々ありますことを予めご了承ください。また、旅費の支給はフォーラム会員に限らせて頂きます。

核融合フォーラム又は核融合エネルギーフォーラムに入会なさっておられない方はこの機会に是非ご入会下さい。入会を希望の方は下記ホームページをご参照下さい(入会費、年会費不要)。
http://www.naka.jaea.go.jp/forum/ 、または
http://www.fusion.qst.go.jp/fusion-energy-forum/

ページのトップへ▲