クラスタ活動報告

プラズマ物理クラスター サブクラスター < ホーム

旧核融合フォーラムにおいて、平成14年度から平成18年度まで実施した活動や掲載などをご覧戴くため当面の間表示します。該当する最新の内容については、核融合フォーラムの発展継承となる 核融合エネルギーフォーラム のホームページからご覧下さい。

※会合報告書・資料のダウンロードは、核融合エネルギーフォーラム会員限定とさせて頂いております。
資料をダウンロードするには下記より会員ログインが必要です。

会員の方はこちら

下記の専用フォームからログインしてください。

会員ログイン

 

未入会の方はこちら

下記の専門フォームから無料でご登録いただけます。

会員登録

プラズマ物理クラスターの活動状況
サブクラスター毎の分類ページ

□ スクレイプ・オフ層及びダイバータの物理

平成19年1月31日〜2月1日
平成18年度第3回スクレイプ・オフ層及びダイバータの物理サブクラスター会合
「本資料を転用する時には、著者に了承を得て下さい」
議事要旨
資料1-1 「先進タングステン材のプラズマ 対向機器への適用評価(LHD計画共同研究)」−吉田直亮、九大
資料1-2 「プラズマ対向材における水素同位体の高エネルギー化学研究」−奥野健二、静大
資料1-3 「原子力機構におけるプラズマ対向機器開発研究」−秋場真人、原子力機構
資料1-4 「ITER・原型炉に向けたダイバータ開発研究」−鈴木哲、原子力機構
資料1-5 「PWI Research on Low Activation Materials at Hokkaido Univ.」−日野友明、北大
資料1-6 「移動表面式プラズマ対向機器によるCPD球状トカマクの周辺粒子制御(双方向共同研究)」−廣岡慶彦、核融合研
資料1-7 「LHDにおけるPWI実験」−芦川直子、核融合研
資料1-8 「化学スパッタリングデータベース構築の現状」−松波紀明、名大
資料2-1 「第8回ITPA SOL・ダイバータ物理グループ会合まとめ ELM熱負荷セッションとITER Issue Cardの検討」−朝倉伸幸、原子力機構
資料2-2 「D/T retention」−田辺哲朗、九大
資料2-3 「Hydrogen removal by ICRF wall conditioning」−芦川直子、核融合研
資料2-4 「High Flux Helium and Hydrogen Exposure to Bulky Tungsten as well as Tungsten-coated Graphite」−高村秀一、名大
資料2-5 「Spectroscopy of hydrocarbon in low temperature plasmas : Results from JT-60U」−仲野友英、原子力機構

平成18年9月14日
第9回スクレイプ・オフ層及びダイバータの物理サブクラスター関連会合
(合同開催: 核融合科学研究所「大型核融合装置のプラズマ対向壁とPWI」研究会)
「本資料を転用する時には、著者に了承を得て下さい」
議事要旨
資料1-1 「Flow characterisation and modeling, Radial transport and ELMs」−朝倉
資料1-2 「D/T retention & carbon processes」−田辺
資料1-3 「Long pulse, saturation」−仲野
資料1-4 「Wall conditioning & coating」−芦川
資料1-5 「Melt layer stability and vapor shielding」−田辺
資料2 「ITERに関連するPWI課題」−嶋田
資料3 「LHDにおけるプラズマ対向材の照射損傷と水素吸蔵特性の変化」−吉田
資料4 「日程、参加者、トピックスと日本からの寄与など」−朝倉
資料5-1 「九大での総合討論での纏め」−冨田
資料5-2 「「ユーザからの要望」について」−清水
資料6 「議論」、「モデリング研究の国内体制構築について質疑・応答」、「サブクラスターの本年の計画,次回会合予定,来年度研究会申請など」

平成18年8月3-4日
第8回スクレイプ・オフ層及びダイバータの物理サブクラスター関連会合
(合同開催: 九州大学応用力学研究所第21回TRIAM研究会)
「本資料を転用する時には、著者に了承を得て下さい」
議事要旨
資料1-1 「TRIAM-1Mにおける定常プラズマのPWI実験」
資料1-2 「TRIAM-1Mにおけるダスト計測」
資料1-3 「モンテカルロシミュレーションコードを用いたTRIAM-1Mにおける中性粒子輸送解析」
資料1-4 「CPD双方向型共同研究の現状と共同利用申請及び実施計画について」
資料1-5 「2D-LiBPによるCPDの周辺密度計測」
資料1-6 「QUEST計画の進捗状況報告」
資料1-7 「QUESTの放電シナリオの計算」
資料1-8 「QUESTにおけるダイバータシミュレーション」
資料2-1 「モデリング・シミュレーションの協力研究」
資料2-2 「Control and simulation of boundary plasmas in ITER」
資料2-3 「核燃焼プラズマ統合コードにおける課題」
資料2-4 「周辺・ダイバータプラズマのシミュレーションとモデリング」
資料2-5 「EDDYコードを用いたPWI研究」
資料2-6 「非接触プラズマ形成過程での水素分子イオン種の計測とモデリング」
資料2-7 「統合ダイバータコードSONICの開発」
資料3-1 「タイル隙間の炭素堆積分布のシミュレーション」
資料3-2 「高速カメラを用いたガンマ10周辺プラズマ計測と中性粒子輸送シミュレーション」
資料3-3 「LHDにおけるHa線偏光分離スペクトルの3次元中性粒子輸送シミュレーションコードによる解析」
資料3-4 「JT-60UにおけるSOL/ダイバータシミュレーション研究の現状」
資料4-1 「定常核融合炉のDT燃料・ヘリウム灰粒子バランスと周辺プラズマ制御」
資料4-2 「3D edge transport analysis of ITER start-up configuration for limiter power load assessment」
資料4-3 「JT-60SAダイバータプラズマのB2/Eireneシミュレーション」
資料4-4 「ITPA SOL・ダイバータ物理グループ活動の現状」
資料5-1 「コメント(田辺哲夫 (九大))」
資料5-2 「基礎実験からのモデリングとシミュレーション研究へのコメント(大野哲靖 (名大))」
資料5-3 「コメント(朝倉伸幸 (JAEA))」
資料5-4 「SOL-ダイバータプラズマの動的応答を考慮したELM崩壊シミュレーション(林 伸彦 (JAEA))」
資料5-5 「総合討論での主な議論および意見」
資料6 「11th Int. Workshop on Plasma Edge Theory in Fusion Devices」

平成17年12月27日- 28日
第7回スクレイプ・オフ層及びダイバータの物理サブクラスター関連会合
(合同開催:核融合科学研究所「大型核融合装置のプラズマ対向壁とPWI」研究会、
核融合科学研究所「PWI」作業会)
「本資料を転用する時には、著者に了承を得て下さい」
議事要旨
資料No. 1、平成17年第2回 「大型核融合装置のプラズマ対向壁とPWI 研究会 」
資料No. 2、プログラム
資料No. 3、JT-60Uでの長時間放電における飽和とリテンション − 仲野(原子力機構)
資料No. 4、動的蓄積について
資料No. 5、タイルギャップへの共堆積とリテンション − 田辺(九大)
資料No. 6、JT-60Uにおける長時間放電のためのコンディションニング − 朝倉(原子力機構)
資料No. 7、LHDにおける壁コンディションニングの研究 − 芦川(核融合研)
資料No. 8、TRIAM-1Mにおけるグローバルな粒子バランスと供堆積における水素蓄積 − 坂本(九大)
資料No. 9、Radial transport of ELMおよびSOL揺動の今後の検討課題 − 大野(名大)
資料No. 10、炭素輸送・堆積と水素共堆積へのコメント − 朝倉(原子力機構)
資料No. 11、IEA/ITPA共同実験の紹介、今後の寄与、参加者の議論 − 朝倉(原子力機構)
資料No. 12、「ITER時代のPWI研究のあり方」シンポジウム
資料No. 13、「PWIデータベースとコードライブラリー」作業会の総まとめ − 森田(名城大)
資料No. 14、「定常炉のPWIとPFC新概念」作業会の総まとめ − 西川(阪大)
資料No. 15、ITER時代のPWI研究 − 嶋田(原子力機構)
資料No. 16、ITER時代のPWI研究のあり方: 現存定常閉じ込め実験装置に於けるPWI研究の立場からの 提言‐I − 図子(九大)
資料No. 17、ITER時代のPWI研究のあり方: 現存定常閉じ込め実験装置に於けるPWI研究の立場からの 提言‐II − 増崎(核融合研)
資料No. 18、ITER時代のPWI研究のあり方: 実験室系装置を用いたトリチウム研究の立場からの提言 − 洲(原子力機構)
資料No. 19、ITER時代のPWI研究のあり方: 実験室系装置を用いた周辺プラズマ制御研究の立場からの 提言 − 大野(名大)

2005年9月12日
(核融合科学研究所共同研究、平成17 年度第1 回「大型核融合装置のプラズマ対向壁とPWI」研究会)
「本資料を転用する時には、著者に了承を得て下さい」
会合報告要旨
資料No. 1、第6回 ITPA “SOL・ダイバータ” トピカル・グループ会合の概要 − 朝倉(原研)
資料No. 2、Hydrogen removal by ICRF discharge in LHD − 芦川(核科研)
資料No. 3、Results of Dust in JT-60U & LHD − 芦川(核科研)
資料No. 4、セッションに関しての感想 − 芦川(核科研)
資料No. 5、Safety side view in large experimental device.---As one of ITPA topics---- − 芦川(核科研)
資料No. 6、6th ITPA meeting on SOL/divertor physicsHigh Z experience / Mixed Material Effects − 上田(阪大)
資料No. 7、第6回ITPA(Divertor and Scrape off Layer Physics Group)セッション First wall loadings & joint meeting with MHD に関する報告 − 大野(名大)
資料No. 8、ITER dome designその他のITERからの課題 − 嶋田(原研)
資料No. 9、Estimate of the effects of Be operation in ITER, IEA/ITPA 装置間比較実験のセッションについて − 朝倉(原研)
資料No. 10、Impacts of the Dome Removal − 仙石(原研)
資料No. 11、ダイバータの材料選定と将来展望(全面炭素壁でスタートする方が良いのではないか?) − 田辺(九大)
資料No. 12、ITERからのコメント − 嶋田(原研)
資料No. 13、PISCESを利用したタングステンへのヘリウム照射実験 − 上田(阪大)
資料No. 14、次回のITPA会合の開催地、時期、議題について − 朝倉(原研)

2005年2月3日
(核融合科学研究所共同研究、第3回「大型核融合装置のプラズマ対向壁とPWI」研究会)
「本資料を転用する時には、著者に了承を得て下さい」
会合報告要旨  
資料No. 1、第5回ITPAの概要と第6回会合 − 朝倉(原研)  
資料No. 2、IAEA/ITPA 出張報告 − 高村(名大)  
資料No. 3、Dust in LHD − 芦川(核科研)  
資料No. 4、ICRF conditioning in LHD − 芦川(核科研)  
資料No. 5、プラズマ境界力学実験装置の概要とPWI研究 − 坂本(九大)  
2005年9月12日
(核融合科学研究所共同研究、平成17 年度第1 回「大型核融合装置のプラズマ対向壁とPWI」研究会)
「本資料を転用する時には、著者に了承を得て下さい」
会合報告要旨
資料No. 1、第6回 ITPA “SOL・ダイバータ” トピカル・グループ会合の概要 − 朝倉(原研)
資料No. 2、Hydrogen removal by ICRF discharge in LHD − 芦川(核科研)
資料No. 3、Results of Dust in JT-60U & LHD − 芦川(核科研)
資料No. 4、セッションに関しての感想 − 芦川(核科研)
資料No. 5、Safety side view in large experimental device.---As one of ITPA topics---- − 芦川(核科研)
資料No. 6、6th ITPA meeting on SOL/divertor physicsHigh Z experience / Mixed Material Effects − 上田(阪大)
資料No. 7、第6回ITPA(Divertor and Scrape off Layer Physics Group)セッション First wall loadings & joint meeting with MHD に関する報告 − 大野(名大)
資料No. 8、ITER dome designその他のITERからの課題 − 嶋田(原研)
資料No. 9、Estimate of the effects of Be operation in ITER, IEA/ITPA 装置間比較実験のセッションについて − 朝倉(原研)
資料No. 10、Impacts of the Dome Removal − 仙石(原研)
資料No. 11、ダイバータの材料選定と将来展望(全面炭素壁でスタートする方が良いのではないか?) − 田辺(九大)
資料No. 12、ITERからのコメント − 嶋田(原研)
資料No. 13、PISCESを利用したタングステンへのヘリウム照射実験 − 上田(阪大)
資料No. 14、次回のITPA会合の開催地、時期、議題について − 朝倉(原研)

2004年11月23日
(第21回プラズマ核融合学会年会、インフォーマルミーティング)
「本資料を転用する時には、著者に了承を得て下さい」
会合報告要旨  
資料No. 1、第5回ITPAの概要と次回会合 (朝倉)  
資料No. 2、LHDからITPA(SOL/Div)への貢献の可能性(芦川)  
資料No. 3、日本での研究体制についてのコメント(上田)  


2004年8月9日
(核融合科学研究所共同研究、第2回「大型核融合装置のプラズマ対向壁とPWI」研究会)
「本資料を転用する時には、著者に了承を得て下さい」
会合報告要旨
資料No. 1、プラズマ・核融合学会年会シンポジウムについて (大野)
資料No. 2、ITER のプラズマ対向材の現状のレビュー(嶋田)
資料No. 3、全面炭素壁はあり得ないのか?(田辺)
資料No. 4、タングステン研究課題と研究体制(上田)
資料No. 5、第4回ITPAの概要と次回会合について(朝倉)
資料No. 6、JT-60でのSOLプラズマ・炭素モデリングの現状(朝倉)
資料No. 7、SOL、不純物輸送モデリングの現状原研での炭素モデリングと実験概要(仲野)
資料No. 8、SOL、JT-60UでのB2-Eireneコードによるモデリング(畑山)
資料No. 9、核融合プラズマ装置内での微粒子の振る舞い(富田)
資料No. 10、モンテカルロコード“EDDY ”による核融合装置のPWI解析(大宅)
資料No. 11、LHDにおけるLID実験(森崎)
資料No. 12、TRIAM-1Mにおける共堆積効果(坂本)

2004年7月5日
メイリングリスト設立

2004年4月27日
(核融合科学研究所共同研究、「大型核融合装置のプラズマ対向壁とPWI」研究会)
会合報告要旨  
資料No. 1、第4回ITPAの概要と次回会合の予定 (朝倉)  
資料No. 2、核融合炉のPFM 選択に関するコメント(田辺)  
資料No. 3、国内のPWI研究体制についてのコメント(上田)  
資料No. 4、LHDからのITPAへの寄与について(増崎)  

2004年1月15日
スクレイプ・オフ層及びダイバータの物理サブクラスター会合報告
資料No1 主旨説明(大野)
資料No.2 ITPAの現状と課題(朝倉)
資料No.3 大学からITPAへの参画にむけて(大学現場の現状と問題提起) (門)
資料No.4 大学の立場からのITPA活動へのコメント(上田)
資料No.5 今後の活動計画に対するNIFS側からの意見(増崎)