ITERとは? 国内機関(JADA)の活動 ITER機構(IO)の活動 ITER公募案内 一般の方へ 刊行物
トップページ  >  ITER計画説明会

ITER計画説明会

 ITER計画は、国際機関であるITER国際核融合エネルギー機構(ITER機構(本部:フランス))が平成19年10月に設立され、日本、欧州、米国、ロシア、韓国、中国、インドが参加して進められています。これら7極が参加することから、世界人口の半数以上が参加する国際共同プロジェクトです。

 平成20年6月に青森で第2回ITER理事会が開催され、参加7極とITER機構が一同に介し計画の進捗を確認しました。日本は、調達を担当する機器の1つである超伝導コイル導体の製作を既に開始しています。一方でITER機構は参加極からの公募によって職員の採用を進めており、核融合の専門家に加えて、一般機械、電気、プラント工学等を専門とする技術者や事務職が公募されているところです。

 ITER計画説明会では、ITER計画の概要と現況、日本が調達する機器(超伝導コイル、加熱機器、他)等の状況について、広くご理解を頂き、またITER計画へのご参加について、ご説明申し上げたいと考えています。

・韓国 大邱 WEC展示会場 平成25年10月13~17日 終了しました
・青森 青森グランドホテル 本館2階 平成25年6月4日 説明会の報告
・熊本 東海大学熊本キャンパス 平成21年2月19日 説明会の報告
・日立 茨城大学日立キャンパス 平成20年12月10日 説明会の報告
・大阪 大阪科学技術センター 平成20年9月19日 説明会の報告
・札幌 北海道大学 大学院工学研究科  量子理工学専攻セミナー 平成20年9月16日