Home > 原型炉設計合同特別チームに係る共同研究募集要項


原型炉設計合同特別チームに係る共同研究募集要項

平成28年12月26日
国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構 核融合エネルギー研究開発部門

原型炉設計合同特別チーム(特別チーム)に係る共同研究を以下のとおり募集いたします。 (締め切りました)

特別チームは平成27年6月に発足し,全日本体制で炉概念設計活動を行っております。原型炉に向けたアクションプランに沿って関連する研究開発活動を国内研究者と連携して推進するため、平成29年度は次の内容の研究提案を募集します。

募集課題

・原型炉設計に関する課題
・ブランケット構造材料(低放射化フェライト鋼)に関する課題
・理論・シミュレーションに関する課題
(詳細は、こちら を参照)

応募先

応募様式に記入の上、量研機構受付窓口(下記)に電子メールでご応募ください。
応募様式 Download
宛先 : jsdt-collabo@qst.go.jp

申込み資格

大学、民間及び公的研究機関の研究者並びにこれに準ずる職員等とします。大学等の場合、研究代表者は助教以上の職にある者とし、研究分担者には大学院学生を含むことができます。なお、採用は当該期間内において1代表者1件以内とします。

締め切り

平成29年1月16日(月)

選考

量子科学技術研究開発機構 核融合炉工学研究委員会 原型炉設計・工学R&D専門部会で選考を行います。

今後の予定

採否通知 : 平成29年2月中を予定
採択された研究課題については、平成29年4月以降に量子科学技術研究開発機構との間で所定の契約書を交わして頂きます。

応募にあたっての注意

応募に際しては、ご提案の研究内容について量子科学技術研究開発機構の担当者と事前調整をお願いします。(下記、問い合わせを参照)

報告書等

・共同研究契約書に基づき研究終了後「共同研究報告書」を提出していただきます。
・研究の進捗と成果の概要については、「共同研究実績報告書」(別途様式は採択後提示します。2ページ程度、1月を予定)を提出していただきます。

問い合わせ

原型炉設計に関する問い合わせ
量子科学技術研究開発機構 核融合エネルギー研究開発部門 核融合炉システム研究開発部 核融合炉システム研究グループ 坂本宜照

ブランケット構造材料(低放射化フェライト鋼)に関する問い合わせ
量子科学技術研究開発機構 核融合エネルギー研究開発部門 核融合炉材料研究開発部 核融合炉構造材料開発グループ 谷川博康

理論・シミュレーションに関する問い合わせ
量子科学技術研究開発機構 核融合エネルギー研究開発部門 プラズマ理論シミュレーショングループ 矢木雅敏

本公募における注意事項

・本共同研究は、特別チームの設計作業と連携を取りながら実施していただきます。

・本公募においては、大学の事務経費、間接経費を必要経費として計上することはできません。

Back to Top