ITERとは? 国内機関(JADA)の活動 ITER機構(IO)の活動 ITER機構職員公募 ピックアップ・一般の方へ もっとITER
トップページ  >  ITERサイエンティストフェロー募集について

ITERサイエンティストフェロー募集について

 

ITER国際核融合エネルギー機構におけるサイエンティストフェロー募集について

 ITER国際核融合エネルギー機構(ITER機構)では、サイエンティストフェローという制度を設けています。サイエンティストフェローは、職員募集等とは異なり、ITERのプラズマ物理、運転等に関する特定のテーマの専門家を募集し、ITER機構と参加国の合意を得てサイエンティストフェローに指名するものです。サイエンティストフェローに指名された方(任期3年)は、現所属機関に籍を置きながら必要に応じてITER機構他に集まって議論し、課題の解決を図るものです。この際の旅費と滞在費はITER機構から支給されます。

 サイエンティストフェロー制度の紹介、処遇その他募集案内は、こちらをご覧ください。和訳はこちらです。
募集の詳細は、各テーマ名をクリックしてご覧ください。
量子科学技術研究開発機構
核融合エネルギー研究開発部門
今回募集のポスト:3
No. テーマ  締め切り
(日本時間)
1
計測サイエンティストフェロー
2017/11/13
2
プラズマサイエンティストフェロー
2017/11/13
3
トリチウムリテンション管理サイエンティストフェロー
2017/11/13
 締め切り: 2017年11月13日(月)(日本時間)までに応募書類(CurriculumVitae、所属機関長の推薦書、電子版で可)を下記応募書類宛先までお送りください。

 CV(Curriculum Vitae)の書き方はこちら(ITER職員応募用)
※サイエンティストフェローのCVは職員応募要よりも簡単なもので良いようです。ただし応募される分野の専門家であることを経歴の中でアピールし、Publication listでも関連論文を数多く挙げていただくのが良いようです。
 
 ご不明な点がございましたら、下記の問い合わせ先まで、ご連絡をお願いいたします。

応募書類宛先・問い合わせ先:
量子科学技術研究開発機構 核融合エネルギー研究開発部門・那珂核融合研究所
ITERプロジェクト部 ITER連携推進グループ(担当:三上)
e-mail  jada-iterkoubo@qst.go.jp