ITERとは? 国内機関(JADA)の活動 ITER機構(IO)の活動 ITER公募案内 一般の方へ もっとITER
トップページ  >  ITER公募案内  >  ITER機構の職員募集

ITER機構の職員募集


    
  
 

  国際機関としてのITER機構
 ■1. 目の前で建設が進む国際機関、ITER機構
 ITER機構は2007年に設立された国際機関です。ITER計画では核融合エネルギー
 実現という目的のために、参加7極(日米欧露中韓印)が資金を拠出し、参加極が
 ハイテク機器を物納し、オフィスの目の前にある建設現場でITERというマシン、
 プラントを完成させなくてはなりません。ITER機構職員となった暁には、自分の
 決定が建設現場で現実となり、日々刻々と現場の様子が変わっていくのを見るこ
 とができます。


■2. 英語の論理的なコミュニケーション能力を重視

 国際機関であるITER機構の公用語は英語です。英語でコミュニケーションして、ITERというマシン、プラントを作り上げないといけません。したがってITER職員間の円滑、かつ間違いの無い技術情報のやり取りが不可欠であり、ITER機構は英語でのコミュニケーションを大変重要と考えています。必要な英語レベルの具体的な指標はありませんが、日常会話レベルは不可欠で、さらに技術的内容を議論し、交渉して自分の主張を通す、そういったことが日常当たり前にできる必要があります。
 もちろんそのためには専門分野における広範かつ深い知識と経験が求められますが、さらに大切なことは、論理的に考え、論理的に説明して相手を納得させる、交渉する力です。異なるバックグラウンドを持つ多国籍の職員と英語で論理的なコミュニケーションする能力が不可欠です。


■3. 相手を尊敬して円滑に異文化コミュニケーション

 国際機関で仕事をするためにもう一つ重要なことがあります。それは相手を尊敬すること、相手の文化を尊敬することが不可欠です。日本人には当たり前のことがフランスでは、ヨーロッパでは、あるいは他の国々では当たり前ではないこともあります。それを理解して相手を尊敬し、さらに良い文化を創り出して仕事を進めていくのがITER機構の狙いです。この点を肝に銘じて、日本の良い文化をITER機構に根付かせる、フランスの良い文化も取り入れる、そういった尊敬の姿勢を、是非忘れないでください。

 

ITER機構職員公募に関する情報提供のための登録制度
 ITER機構の職員公募は、参加極の国籍を有する方を対象としており、実際に適する職種の公募があった場合、そのポストを巡って各極の候補者との競い合いになってきます。このプロジェクトに1人でも多く日本人が貢献できるよう、日本国内機関ではITER機構職員公募情報提供だけでなく、応募書類添削、面接の対策や英語のトレーニングなど、ITERへの参画を希望する方に手厚いサポートを提供中です。
 本登録制度は、政府より日本の国内機関(JADA: Japan Domestic Agency)に指名された量子科学技術研究開発機構が、ITER機構の職員公募に応募する可能性を有する方にe-mailを用いて職員公募情報提供をするために、あらかじめe-mailアドレスなどの情報をJADAに登録させていただくものです。登録されますと、以下の支援を受けられます。

1)最新公募ポスト案内を最速でお届け!
2)ITER機構による面接試験の模擬ビデオの閲覧
3)JADAによる応募書類内容の添削と英文確認
  (ITERのホームページ掲載の募集ポストに対し、応募希望の方のみ)
4)JADAによる面接の英語トレーニング
  (応募書類を提出し、かつ書類審査に合格した希望者)
5)JADAが行うITER機構の職員公募に関する説明会の開催情報
6)ITER NEWS LINE、JADAのニューストピックスを毎週配信
7)その他  ITER機構職員公募への応募を検討するために役立つ情報

 なお、登録された方の要請に従って、登録された情報を訂正・削除できます。
 上記 3)及び 4)の申し込み方法はこちらをご覧下さい。
 

■登録の要求事項

 国 籍:日本国籍を有する
 関 心:ITER機構の職員公募に関心を抱いている
 語 学:英語を用いた職務遂行が可能である
 

■登録方法

上記の登録フォームに、会員登録に要する情報及びITER機構職員公募に関する情報提供を希望するCode(職務)を記入してください。Code(職務)の選択では、これまでの募集ポストと職務内容を参考にして、機構長オフィス(ODG)、財務・調達部門(FPD)、人事部門(HRD)、プロジェクト管理室(PCO)、中心統合室(CIO)、保安部門(SD)、建設部門(CST)、トカマク技術部門(TED)、プラント技術部門(PED)、科学・運転部門(SCOD)から選択してください。複数の選択が可能です。

※登録フォームの業務経歴の記載のお願い:可能な限り詳細にご記入ください。各募集要項に応じて、適任する登録者に応募するよう呼びかけをする場合がございます。より的確なマッチングを行うために、業務経歴や資格についての詳細情報の提供にご協力をお願いいたします。登録された情報は、JADAにて保管されて、最新公募ポスト案内と応募者支援のために使用され、これら以外の目的に用いることはありません。


 



ITER機構の職員募集(現在募集中)

 ITER国際核融合エネルギー機構(ITER機構)では、必要な職員をITER計画の参加国から公募し、その募集案内がITER機構ホームページ(http://www.iter.org/Pages/Jobs.aspx)に掲載されています。我が国は、ITER計画の参加国であり、我が国の国籍を有する方は、ITER機構の職員公募に応募することができます。
 量子科学技術研究開発機構は、我が国政府からの要請を受け、日本における公募の窓口として、ITER機構職員公募に関する応募の事務手続きと関連情報についてお知らせ致します。

量子科学技術研究開発機構
核融合エネルギー部門
 

現在募集中のポスト 専門職員:6ポスト(6名) 

Job Family

Job Code

Job Title

Grade
Application Deadline
(France Local Time)
Project
Engineering
PED-058 Mechanical Engineer 1名 P2 24-Nov-19
23:50:00
Project
Engineering
TED-101 Mechanical Engineer 1名 P3 24-Nov-19
23:50:00
Project
Engineering
TED-170 Ion Cyclotron Mechanical Engineer 1名 P2 24-Nov-19
23:50:00
Project
Engineering
CIO-030 Nuclear Building Area Manager 1名 P4 24-Nov-19
23:50:00
Project
Engineering
TED-234 Diagnostic Integration Engineer 1名 P3 24-Nov-19
23:50:00
Project
Engineering
ENGN-004 Hot Cell Complex Project Leader 1名 P5/P6 11-Nov-19
23:50:00
 
現在募集中のポスト 支援職員:2ポスト(2名) 

Job Family

Job Code

Job Title

Grade
Application Deadline
(France Local Time)
Organizational
Support
SD-035 Nuclear Pressure Equipment Engineer 1名 G6 11-Nov-19
23:50:00
Organizational
Support
SD-033 Nuclear Pressure Equipment Officer 1名 G6 11-Nov-19
23:50:00
(注)専門職員:Professional Staff、支援職員:Support Staff

募集ポジションの詳細は、各ポストのジョブタイトルをクリックしてご覧ください。
 

ITER職員の給与と手当について

■ITER機構職員の特徴:
◆契約年数:5年(試用期間8か月を含む)。契約更新も考慮。
◆就労時間:週40時間
◆待遇:直接雇用正職員
◆国際的労働環境南フランスでの恵まれた自然環境の中で働く
◆お子様のための国際学校(3~18才)特別優遇


■給与体系の概略:
 ● 基本給
「グレード」+「等級」で規定されます。
グレードと等級はポスト、責務、職務経歴に準じて規定されます。
グレードは2種類:PはProfessional(専門職)のPです。GはGeneral(一般職) のGです。
等級:最初の等級は1です。等級は最大約15等級まであります。グレードによって、等級の数が異なります。
★専門職員(P)の年俸(純所得)
ユーロ建2019年1月現在
★支援職員(G)の年俸(純所得)
ユーロ建2019年1月現在
*)Real Net:基本給の手取り額です。内部税、年金、社会福祉個人負担額が差し引かれた額になります。

● 家族手当・社会保障 - 特定の条件付き
職員規定に従って毎月、該当者には以下の各手当が基本給に加算されます。
  • 世帯手当:手取り基本給の6%。配偶者の有無や家族の状況に基づいて支給。
  • 児童及びその他の扶養手当:扶養子供一人当たり3,830ユーロ(net)を支給(2018年の例)。
  • 教育手当:全日制の初等、中等及び高等教育を受ける各子弟(2018年の例):
    初等教育: 年/1,915ユーロ(net)を支給
    中等教育: 年/3,830ユーロ(net)を支給
    高等教育: 年/9,575ユーロ(net)を支給
■赴任までの支援(日本からフランスへ引っ越しする場合):
ITER機構から採用の通知を受け取った合格者の居住地が任務地から100キロメートル以上離れている場合には、以下が支給されます。
・着任手当

着任時、赴任職員は、以前の任務地からITER機構の所在地までの本人及び同居する家族の交通費(離任時も同様)。
・転居時特別有給と転居手当

2日間の転居特別有給が支給されるほか、赴任手当として最高2か月分の手取り基本給が支給されます(離任時も同様)。
・マノスクにある国際学校への編入までの支援業務

さらに、Agence ITER Franceと呼ばれる専門委託団体がニーズに合わせて、以下のような条件であればフランスでの生活一般へのサービスと支援を提供致します。
  • 生活に直結した事務手続きへの支援
  • 税関申告の手続き、ビザ取得のための手続き、レジデント許可証の発行手続き等
  • 一時的/恒久的住居探し
  • 水道、電気、インターネット、電話などのインフラ契約手続き
  • フランス語クラスの受講手続き
  • フランスの社会・文化に親しむ活動

■社会保障制度へ加入:
  •  ● 年金基金制度
   年金基金とは、職員給与から積立てておき個人の退職金口座に一括又は終身年金を受け取れるようにするもの。職員は4種類の
   年金プランと2種類の通貨(ユーロ、ドル)から貯蓄型運用型と選ぶことができます。
  •  ● 医療保険制度
   ITER機構が導入している保険医療プランでは、本人とその家族が加入できます。医療費の最低でも9割補償、入院費は全額補
   償、歯科、眼科の保証プランなど充実しています。
  •  ● 死亡保険・障害保険制
   この保険プランは病気・事故による死亡、障害に備える保険制度です。

 
■特権及び免除:
 ● 免除
   ◎ 
ITER職員の職務の執行における管轄の免除
   ◎ すべての正式書類や文書における不可侵権
   ◎ 入国制限及び外国人登録管理対策の免除(ITER職員及びその家族を含む)

 ● 租税上の特権と権利
   
◎ 家具や所持品の免税輸入

 ● フランスで私用自動車を輸入又は購入した際の税金支払いの免除(非フランス人及びフランス滞在の非永住者)

 ● 
社会保障
   ◎ フランスの社会保障制度へのあらゆる強制的出資の免除
 
  ● ITERスタッフ家族労働
  ◎ 有給の職業活動を希望する配偶者及び未成年として入国した家族に対する就労ビザの免除



ITER機構で働く日本人職員の紹介
  ◆ITER機構日本人職員の紹介
  ITERには10の部署があり、様々な部署で日本人職員が活躍して 
  います。この動画では、3人の職員がITER機構で働く意義や仕事 
  の様子を語っています。国際機関での仕事は、日本の企業や機関 
  と異なりなかなか想像が難しいところもあるかと思います。
  しかし、この動画はITER機構で働く様子や休日の過ごし方などが
  分かる内容となっています。是非一度ご欄ください。





  
  
  
※上記のインタビューは、核融合エネルギーフォーラム「サン・ポール・レ・デュランスの風」より
  ITER機構で働いている日本人の方々をインタビュー・紹介するコーナーです。(部署は取材当時の所属です)
 

応募から採用までの流れ
Image______________________________
会員登録
______________________________




Image______________________________
応募ポストの選定
______________________________



Image______________________________
応募書類の作成
応募書類作成の『コツ』
Cover Letterの書き方(日本語、PDF document)
CVの書き方(日本語、PDF document)
Motivations(志望動機)の書き方   
                     Referenceについて
   
                       ______________________________ 
              
Image__________________________________________
応募書類の添削
JADAの支援、英文校正の提供、面接トレーニングの実施
※ITER機構職員公募への応募書類の書き方の「コツ」を教えます。
早めに応募書類を作成していただければ、JADAで添削を行うことが可能です。
                                        
__________________________________________

Image______________________________
オンライン応募
WORKING AT ITER
オンライン応募の概要について 
             
______________________________

Image______________________________
面接トレーニング
面接トレーニングのご案内、実施
面接試験の模擬ビデオ


OTHER
                     ITポジションのウェブテストについて
                 ______________________________     
Image______________________________
面接
面接試験について 
面接試験で出てくる質問
過去の募集ポストの想定問題集
面接試験時の心構え

                ______________________________
Image______________________________
採用                         
ITER現地の生活情報
ITER FRANCE パンフレット
「Welcome to France」

______________________________


■個人情報の取扱い
 各極国内機関の窓口は、自極の応募者からITER機構に提出された応募情報にアクセスすることが可能です。日本国内機関では、ITER機構に提出していただいた個人情報は、目的外には使用せず、提出いただいてから6ヶ月を経過し不要になった時点ですべて破棄します。



 

USEFUL INFORMATION
Image■サイト内リンク
ITER機構の組織図
ITER建設サイトの状況
ITER機構職員募集の説明会の開催について
よくある質問(FAQ)


Imageこれまでの募集ポストと職務内容
ITER機構の給与と手当
ITER機構職員からの助言
応募合格者の声



Image国際機関職員への応募情報

■ITER機構サイトリンク
ITER NEWSLINE
モナコ公国/ITERポスドクフェローの公募


Image応募から採用までの問い合わせ先


          採用から赴任までの問い合わせ先
         採用後、ITER日本国内機関窓口よりITER現地支援の案内があります。

        ■赴任以降の問い合わせ先
                       採用後、ITER機構Welcome Officeより連絡があります。