ITERとは? 国内機関(JADA)の活動 ITER機構(IO)の活動 ITER公募案内 ピックアップ・一般の方へ もっとITER
トップページ  >  ITER公募案内  >  ITER機構の職員募集(現在募集中)  >  面接試験について

面接試験について


 これまでの実績では、応募の締め切りから3、4 週間後に、ITER機構による書類選考を通過した方に対する面接試験が始まります。この面接試験によって採用の可否が決められます。

1. 面接試験の通知
 ・面接試験の通知は、応募者本人に直接届きます。届いたらすぐに、国内機関の窓口に転送をお願いいたします。
 ・面接試験の通知が面接試験日の2,3日前に届くこともあります。このような状況では、面接試験が決まってからの準備では時間的余裕
  がない場合もありますので、早めに面接試験の準備(プレゼンテーション、想定問答など)をしておくとともに、スケジュールを確保
  しておくことが必要です。
 ・応募者の都合がつかない場合にはITER機構へ延期を申し入れます。しかし、インタビューアー全員のスケジュールを再調整するのは
  容易でなく、応募者には急な通知でも無理して対応していただいているのが実情です。原則としては、延期は不可能だと考えてくだ
  さい。


■2. ビデオ面接試験
 ・面接試験は、すべてビデオ面接試験で行われます。
 ・ビデオ面接試験の方法は、ビデオ会議システムとSkype for Businessの二通りから選択できます。
 ・ビデオ会議システムは、ITER機構のビデオ会議システム(H.323 Video Conference Standard)と同じ仕様の、インターネットを利用
  したビデオ会議システムを使用します。
 ・Skype for Businessは、ウェブカメラを用いたPC (Windows/Mac)でのWeb会議を使用します。
 ・いずれのシステムでも、ITER機構の指示にしたがって事前テストを行い、正常な動作を確認することになっています。しかし、これ
  までに、面接試験中に音声不良が発生し、急遽電話に切り替えて面接試験を続けたこともありましたので、電話をバックアップとして
  ご準備ください。
 ・面接試験は、量研機構の那珂研、東京事務所で行っています。また、上記のシステムが利用できる環境であれば、応募者のご自宅から
  でも面接試験を受けていただくことができます。
 ・那珂研、東京事務所のシステムを利用する場合には、システムを操作する担当者が陪席します。
 ・自宅のPCを用いて面接試験を受けたいが、ウェブカメラを持っていないという方には、量研機構からウェブカメラをお貸しできます。
 ・面接試験を受けられる方の在住場所やネットワーク環境に応じて個別に対処します。


3. 言語
 ・面接試験は英語で行われます。
 ・日本語による面接試験の補助はありません。


4. インタビューアー
 ・インタビューアーは3名から5名です。ITER機構の募集部門から1名以上(副機構長、部長、課長など)、他部門から1名、人事部門か
  ら1名という構成です。ITER機構の外部の人がインタビューアーになることもあります。
 ・インタビューアーは、書類選考で選ばれた候補者(ひとつの募集ポジションに対して3-6名)を面接します。
 ・インタビューアーは、応募書類(CV, Motivation Letter, Personal History Form)を手元に置いて、候補者に様々な質問を出し、
  その答えぶりから候補者の能力、経験および人物について評価します。


5. 面接試験の進め方
 ・はじめに、インタビューアーの代表者(たいていは募集部門の部長)から、面接試験の進め方や概略の時間配分について説明がありま
  す。
 ・次に、候補者が応募の動機やバックグラウンド、実務経験、実績、職務の能力、可能な貢献などについて、3-5分程度のプレゼン
  テーションを行います。あるいは、2-3分程度の自己紹介を行います。
 ・続いて、インタビューアーから質問があり、候補者がそれに答えます。質問の数は全部で10-20件です。
 ・インタビューアーの質問が終わると、候補者から1、2の質問を受けつけ、インタビューアーが回答します。
 ・最後に、面接試験結果の通知時期などについて説明があり、面接試験は終了します。


6. 面接試験の時間
 ・面接試験時間は30-50分です。

7. 面接試験から採用まで
 ・合格者には、面接後4-8週間程度で、IOから採用の通知が届きます。その時に、必要書類の提出を要求されますのでご準備ください
  (大学の卒業証書のコピーなど)。