ITERとは? 国内機関(JADA)の活動 ITER機構(IO)の活動 ITER公募案内 ピックアップ・一般の方へ もっとITER
トップページ  >  ITER公募案内

CVの書き方(日本語、PDF document)


■CV(Curriculum Vitae)の記述要領

 CV(Curriculum Vitae)には決まったフォーマットはありませんが、日本でいう履歴書よりも職務経歴書に近く、応募者の保有している技術や過去の職業での経験・実績についてのアピールが多く盛り込まれます。分量は一般的にはA4判2枚までにまとめるのが良いとされますが、職歴の多い人はこの限りではありません。アカデミックな職や技術に関する職業は長くなる傾向があります。枚数が多くなる場合でも、重要な部分を最初のページにObjective やSummaryとして記載するようにしてください。


CV(Curriculum Vitae)の構成例 (PDF document)

CV(Curriculum Vitae)の作成例 (PDF document)


 

 1.記載項目

  記載項目にも決まった項目はありませんが、以下に記載する項目を基準として記載して下さい。

  (1) Personal details

   ・名前、生年月日、国籍、性別、連絡先などの個人情報

  (2) Objective

   ・志望ポジション、志望理由
   
自分がそのポジションに就くことがなぜ有益なのか、CVの要点を簡潔にまとめて説明

(例:○○での○年の経験と○○に関する技術とをITERで活用するため、等)

  (3) Work experience

   ・最新の職歴から初めて、最初の職歴までを記載する

   ・応募者自身のことを書いているのはわかっているので、“I”は省略し動詞から始める

   ・アクションワード(develop, manage, plan, design, organizeなどのポジティブで力強い言葉)で書き始める

   ・募集ポストに求められるスキルに結びつく経験を提示

   ・実績・業績は可能なら数値で提示

   ・問題解決した経験などは積極的にアピール

   ・特にアピールすることがない様に思える職歴でも”worked in team”、”provided quality service”などと、ポジティブに表現

  (4) Education

   ・職歴と同様、最新のものから記載

   ・大学以降の学歴を記載する。専門学校等を卒業している場合はそちらを記載

   ・学科や学部ではなく取得した学位を記載

  (5) Skills

    Computer skill, Communication skillなど、応募職に求められるスキルをアピール可能ならば積極的にアピールしてくださ
    い。可能であれば実際にそのスキルを使った経験なども短く記載してください。
  

  (6) Language
   
・欧州で使用されるガイドラインであるCEF(Common European Framework of Reference for Languages)で習得レベルで表
    記するのが良いです。Wikipedia記事を参照してください。加えて、実際にそのスキルを使用した経験を記載して下さい。
    Wikipedia記事:
ヨーロッパ言語共通参照枠

  (7) Certifications / Core Competencies
   
・応募職に求められるスキルに関連する資格等があれば記載
  (8) Publications
   
・応募職の分野に関連した論文・ペーパー等の著述があれば記載
  
(9) Awards
   
・応募職に関連した分野での受賞歴などがあれば記載
   
・賞金額なども記載する

  (10) Additional Information
   
・その他の情報です。上記のSkillやCertification等も、応募職にそれほどアピールするものでなければここにまとめてしまって
    いいでしょう。

   ・その他に書いてもいい情報として、Volunteer、hobbyなどを記載してもいいです。ただし、hobbyは受動的だったり内向的
    だったりする趣味(Reading, watching TV, collecting stamps等)を並べるのは控えた方がいいでしょう。自分がteam
    player であることやチャレンジ精神を持っていることを示す趣味などは望ましいです。


 2.注意事項等

  (1)全般にわたって簡潔・明瞭で具体的な記述を意識する

  (2)見やすい配置・デザインに留意

  (3)スペルミス、文法ミスは入念にチェック

  (4)略語や記号、括弧書きは使用しない

  (5)転職・退職の理由は書かない
  (6)オンライン応募の際はPDFにして添付する